*

読書レビュー 味覚の学校

公開日: : 読書レビュー, 食のコラム ,

SPONSORED LINK

新年、食育を考える上で「味覚」とどう向き合った内容を考えるかが現在課題になっていて、早速書籍を買って勉強してみました。
取り急ぎ、ご紹介する味覚に特化した本ですが、1冊は食育の現場の本でイタリアで実際に行われている教育の内容です。フランスにも有名な食育のメソッドがあるのですが、スローフード発祥で郷土食が根付いているイタリアの方が味覚教育が進んでいるイメージだったので、まずはこちらから・・今度はフランスの食育についても読んでみます。

味覚の学校
プラート味覚教育センター/中野美季 共著

イタリア、トスカーナ州プラートにある「プラート味覚教育センター」のこれまでの取組みと味覚教育が生まれた背景、学校教育の中における味覚教育の実践が分かりやすく書かれています。
なぜイタリアでスローフードが発展したのか、食を中心に置いた教育とは何か、教育の現場にいる人に是非読んで欲しい1冊。親の立場でも、食が関わる教育について知識を得ることができます。
例えば、菜園に行って収穫や農業に関わることや学校菜園がどれだけ子どもの生涯にとって有効なのか、子どもの好き嫌いをなくしていくために大人は何歳の時点で嫌いな食べ物とどう関わらせていくのが良いか、など、子どもを通して人生の中で食への関わりがいかに重要か考えさせられる本です。

イタリアの学校菜園は、子どもたちの活動が売り上げを産むようになっていて、売り上げによって学校菜園に温室が整備されたり長期休暇は当番制で現物支給があったりと、システムがビジネス寄りになっているのが面白いです。
日本では子どもたちの菜園で収穫された野菜が市場に出回るというのはあまり考えられないような気がしますが、もっと農業とそこで育つ野菜は開かれたもので良いのかもしれないと気付きがありました。農業は売上があるものだというのも、社会との関わりになりますしね。日本は子どもにお金との関わりを持たせなさすぎるのかもしれません。
別に日本の教育を批判するわけではありませんが・・。お金教育に遅れていると言われる日本なので、農業でお金を稼ぐ仕組みを学ぶのも教育もひとつだなという見解でした。

学習院女子大学の品川明教授にフードコンシャスネスの話を聞いた後だったので、品川先生が関わった本著の内容は比較的すんなり理解できました。

味覚体験をするためのワークショップのやり方などがたくさん書かれているので、教育者向きかなという1冊ですが、食育に興味のある方やワークショップをされている方は読んでみると何か気付きがあるかもしれません。
フードコンシャスネスの勉強をされている方は、もしかすると知っている内容が多いかもしれませんが、かなり読みやすい本です。

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

1級フードコーディネーター試験受験の進捗

こんにちは。 2級フードコーディネーターの田中よしこです。 ということで、現在1級フードコー

記事を読む

カフェインレスコーヒー アイス編

カフェインレスコーヒーは、特にアイスコーヒーが難しい、です。 その辺のことを今回は市販品のお

記事を読む

食品業界マーケティング 5年後の日本

フードコーディネーター協会の総会に参加してきました。 実は、1級を取得するまで協会の会員になっ

記事を読む

お雑煮の文化

2018年、あけましておめでとうございます。 我が家は毎年どこにも行かず、年末年始は来客の予定

記事を読む

乳児に湯ざましが必要ない理由

子供が産まれると初めて向き合う「離乳食」や「子供の栄養」。 今と昔では事情が異なるので、自分の親世

記事を読む

フードコーディネーター1級試験

先日受験した、フードコーディネーター1級の試験結果が返ってきました。 試験内容が難しく、かなり

記事を読む

食とマーケティング

最近、正しい知識を配信すべく、割とマニアックなテーマを選んでおりましたが、 恐らく殆どの方が私に求

記事を読む

コーヒー

カフェインレスコーヒー お店編

カフェインレスコーヒーを愛飲するようになり、もうすぐ6年・・。きっかけは第一子の妊娠でした。妊娠中

記事を読む

東京のお盆は本日から

日々に忙殺されて過ごしていると、季節のことをつい忘れがちですが・・ 本日から東京はお盆ですね。

記事を読む

島根物産マルシェに行ってきました

3/18から3/20まで二子玉川で行われていた「ふたこ座」というマーケット。 フードコーディネータ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カフェインレスコーヒー アイス編

カフェインレスコーヒーは、特にアイスコーヒーが難しい、です。

コーヒー
カフェインレスコーヒー お店編

カフェインレスコーヒーを愛飲するようになり、もうすぐ6年・・。きっか

カフェインレスコーヒーのこと

現在、授乳中でカフェインを控えているのですが、生活していて困るのが、

月兎印 バット

家のキッチングッズ、最近あまり新調していなかったんですが・・

フードコーディネーター協会 研修会

昨日、日本フードコーディネーター協会の研修・交流会がありました。

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑