*

ポタジエ

SPONSORED LINK

催事や通販などもやっていてメディア露出も多いポタジエさん。
野菜を甘いものに・・という所に興味を持っているので、
ちょくちょく実店舗に足を運んで買ったりしてます。

もともと野菜自体が好きなので、素材のままの味を使った調理しかしないようになってしまうんですが、
そんな訳で野菜をスイーツにする、というのは意識が向きにくいところ。
味や調理の勉強になります。

ポタジエ パプリカ

ポタジエ パプリカ

これは、上が赤パプリカのゼリーで、下がムース。
ゼリーが思った以上に赤パプリカ全面推しの味でした。パプリカって生でジュースにすると思うんですけど、ほぼあの味に近い。
パプリカが苦手な人は(あんまり居ないと思いますが)手を出さない方がいいかも・・。

もう一つ、涼しげなアボカドのスイーツ。

ポタジエ アボカドのレアチーズ

ポタジエ アボカドのレアチーズ

これは、上に酸味のあるゼリー(レモンかなと思いました)とアボカドが乗っていて、下はレアチーズとビスケット。
女性受け良いかも。結構濃厚です。
レアチーズはマスカルポーネかな・・柔らかいです、とても。
なので、この三日月で支えられている感じ。
私はもう少しヨーグルトっぽいレアチーズの方が好きかも。こちらは、アボカドの味はあまり主張しないです。

見た目鮮やかで綺麗ですね。

ポタジエ

ポタジエ

このお店のトマトのスイーツとか結構好きです。
中目黒のポタジエは、スイーツのポタジエと総菜系の「ポタジエマルシェ」の2店舗があります。

低糖・低脂肪のスイーツが多いからか、女性受け良いです。
テイクアウトだけでなく、イートイン(テラス)もあります。

<想定シーン>
ここにしかないメニューを楽しみたい時におススメ ★★★★
コスパが良いお店を探している時におススメ ¥¥
いつもと違うスイーツが食べたい時におススメ ♡♡♡♡
1グループの最適な人数 1〜2人

<使用金額>
1人1,000円程度

<お店データ>
パティスリー ポタジエ
住所:東京都目黒区上目黒2-44-9
TEL:03-6279-7753
ポタジエの食べログはこちら

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

関連記事

中目黒「Groovy Nuts」

中目黒に8月末にオープンしたナッツ専門店「Groovy Nuts(グルーヴィナッツ)」さん。 高品

記事を読む

京都柳苑「つくばい」

老舗和菓子屋さんの多い京都で、人気の和菓子、 柳苑(りゅうえん)さんの楽石・・が無かったので、ほぼ

記事を読む

島根物産マルシェに行ってきました

3/18から3/20まで二子玉川で行われていた「ふたこ座」というマーケット。 フードコーディネータ

記事を読む

中目黒「N_1221」

中目黒の目黒川沿いにある野菜が売りのお店。N_1221(エヌ1221)さん。 住所が青葉台1−22

記事を読む

中目黒「Huit」

中目黒のランチでかなり好きな場所が「HUIT(ユイット)」さん。 パリの食堂みたいな雰囲気でご飯

記事を読む

自由が丘「FLIPPER’S」

自由が丘の遊歩道にあるジャーナルスタンダード3階、以前jsパンケーキカフェだった場所が、「FLIPP

記事を読む

祐天寺『ラ・ロゼッタ』

(現在、こちらのお店は移転のため閉店しています) 町のイタリアン、な雰囲気のラ・ロゼッタさんのパス

記事を読む

中目黒「キルヌタントゥ」平日ランチ

中目黒でガレットが食べられる『キルヌタントゥ』さんで平日ランチしました。 蕎麦粉のガレットって定期

記事を読む

京都「有次」で買い物

京都「有次(ありつぐ)」さんと言えば、料理好きの方には割と知られている、京都老舗の有名な刃物屋さんで

記事を読む

パリ「Epicure」

世界の食通が集まるパリで「食通」という名前を名乗る、予約の取れないレストラン。実は数年前までレストラ

記事を読む

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

食とマーケティング

最近、正しい知識を配信すべく、割とマニアックなテーマを選んでおりました

2018年の七夕は?旧暦と太陽暦

「暦の上では」と天気予報で発表される季節は、大抵暑い日に秋を伝えるもの

北品川「カンテサンス」

グルメが好きな人であれば、ご存知かもしれません「カンテサンス」。 ミ

東京のお盆は本日から

日々に忙殺されて過ごしていると、季節のことをつい忘れがちですが・・

高松市瓦町「あなごの直吾美」

今年、夏から秋まで夫婦で仕事が忙しくなりそうだということで、 早めの

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑