*

五反田「スペインバル ジローナ」

公開日: : 最終更新日:2014/07/15 五反田, 飲食店 , ,

SPONSORED LINK

五反田・・駅で言うと大崎広小路に大人気のスペインバルがあります。
ランチもすごくおススメですが、いつも混んでいてなかなか席に着けないのと、食べたらすぐにお店を出ないとならないのでゆっくりは出来ません。

そんな小さな人気店、「スペインバル ジローナ」
夜も予約を取るのが大変で、時間制です。
この日は4人で行ったので何品か頼めましたが、ボリュームがあるので何人かで行って色々頼むのが楽しいです。

ジローナ アヒージョ

ジローナ アヒージョ

芝エビのアヒージョ。エビがデカい、味が良い。ニンニクがたっぷりです。

IMG_4454
メニューの名前を忘れましたが、あさりの漁師煮、みたいな名前でした。魚介のトマトソース。
カニの出汁と魚介の旨味の一品。他にも色々、絶品なメニューがとてもお手頃価格でいただけます。

スペインバルと言えば、パエリア。
魚介のパエリアを頼みました。サフランが香る黄色いパエリアよりちょっとがつんとした魚介の出汁系で美味しい。

ジローナ パエリヤ

ジローナ パエリヤ

具はムール貝、エビ、ハマグリ・・
お米は少し固めで芯が残っているタイプ。ちょっとだけ固めに感じましたが、香ばしくて食べ応えがあるかも。
注文してから炊き上げるので30分くらい掛かります。

魚貝(材料)にとても良いものを使っているので、
味付けが絶妙で素材が美味しくて幸せです。

五反田駅からは徒歩10分弱位歩きますが、いつも沢山の人で賑わっています。
忙しいお店なので、ゆっくりした時間を過ごしたい時はあまりおススメできませんが、
わざわざ五反田から歩いても後悔しないお店。

<想定シーン>
スペイン料理が食べたい時におススメ ★★★★
数人でワイワイ食べるのにおススメ ♡♡♡♡♡
コスパ重視のご飯におススメ ¥¥¥¥
1グループの最適な人数 2〜4人

<使用金額>
4,000円〜5,000円程度(夜)

<お店データ>
スペインバル ジローナ
住所:東京都品川区西五反田8-2-12
電話:03-3495-0762

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

関連記事

西小山「NINE ナイン ピッツァ パスタ」

西小山の人気イタリアン「NINE」さん。 キッズチェアも用意があるお店で、ファミリーや子連れがお客

記事を読む

ニース「ラ・メランダ」

ニースの旧市街に、名門ホテル「ネグレスコ」のメインダイニング「シャンテクレール」で元料理長をしていた

記事を読む

中目黒「キララ」で女子向け定食

中目黒エリアは定食屋さんの選択肢が意外に少ない気がするんですが・・ そんな中、女子向けな定食が食べ

記事を読む

代官山あんぱん

シェリュイのパン、結構好きなのですが、 何が「代官山」なのか気になっていた「代官山あんぱん」を購入

記事を読む

代官山「Le petit restaurant epi」

代官山のおしゃれなエリア、恵比寿との中間にある坂の途中です。 歩いているとモデルさんによく遭遇する

記事を読む

中目黒「キルヌタントゥ」平日ランチ

中目黒でガレットが食べられる『キルヌタントゥ』さんで平日ランチしました。 蕎麦粉のガレットって定期

記事を読む

びすとろUOKIN五反田店

五反田で特に予約が取れないお店、びすとろUOKINの予約が取れました。 いつも行きたいと思ったとき

記事を読む

祐天寺「蕎や 月心」

祐天寺の駅から少し離れたところにある、小さなお蕎麦屋さん『蕎や 月心』そばや つきごころ、と読みます

記事を読む

パリ「Epicure」3

エピキュールの記事、最終話です。 Epicure記事 第1弾 Epicure記事 第2弾 これ

記事を読む

目黒「CLASKA kiokuh」

目黒通りにある、デザインホテルのCLASKA (クラスカ) 1階のダイニングが、ペットOKというこ

記事を読む

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

食とマーケティング

最近、正しい知識を配信すべく、割とマニアックなテーマを選んでおりました

2018年の七夕は?旧暦と太陽暦

「暦の上では」と天気予報で発表される季節は、大抵暑い日に秋を伝えるもの

北品川「カンテサンス」

グルメが好きな人であれば、ご存知かもしれません「カンテサンス」。 ミ

東京のお盆は本日から

日々に忙殺されて過ごしていると、季節のことをつい忘れがちですが・・

高松市瓦町「あなごの直吾美」

今年、夏から秋まで夫婦で仕事が忙しくなりそうだということで、 早めの

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑