*

料理を科学する

SPONSORED LINK

少なくとも料理を研究している1人として、料理と切り離せないのは味覚や科学だ!と思うのですが、
特に、「美味しいと思う脳の仕組み」や「美味しいと感じる料理」の科学にかなり興味を持っていて、この本を読みました。

脳の味覚受容体には
「甘味」「酸味」「苦味」「塩味」「うま味」
の5種類しかありません。

味覚に対して、においには何十万種類といった情報があるため、嗅覚は食べ物を認識するのに大きく関与しています。

においの情報と味覚の情報の相互作用がないと味が分からない、といったことが起きるのは有名な話。
鼻が詰まっていたりすると食べ物の正確な味が分からなくなりますが、嗅覚がいかに食べ物の認識に関わっているかが分かります。

おふくろの味、という記憶に密接な味は、味覚ではなく殆ど嗅覚が関係しているそうですが、嗅覚が記憶と結びつきが強い理由は、
生存していくために「この食べ物は安全か」というのを臭いで瞬時に記憶を引き出したり判断出来るように発達した脳の仕組みなんだそうです。
そういえば、食材の臭いを嗅げば美味しいかとか、食べられるかどうかが分かるなあと心当たり・・。

また、私が「旨味最高!」とか言いながら使っている基本のレシピ簡単な一番出汁(リンク参照)は
昆布出汁+かつお出汁=1+1=8
という、
相乗効果で8倍の旨味になる仕組みが、この本にも書かれていました。

目次紹介
第1章「料理と科学の出会い」の歴史
・料理人が「科学」に出会うとき
・科学者が「料理」に出会うとき
・「料理と科学」の未来
第2章「料理を美味しく感じる」の科学
・料理のおいしさを脳で感じる
・料理の味とにおいを感じる
・料理のテクスチャーと温度を感じる
第3章「おいしい料理」の科学
・おいしい料理を構成する基本4分子
・おいしい料理のカギを握る分子
・料理における反応と物質の三態
第4章「おいしく料理をつくる」の科学
第5章「おいしすぎる料理」の科学  

新刊です。こういう料理の科学本は、なかなかないです。
全ての料理関係の本に目を通している訳ではないですが、マニアックに難しくなりすぎず、料理をより深い次元で知りたい方におススメ本。

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

島根物産マルシェに行ってきました

3/18から3/20まで二子玉川で行われていた「ふたこ座」というマーケット。 フードコーディネータ

記事を読む

パリのスーパー

とにかく色んなものが種類が多いパリのスーパーで、毎日長時間費やしています。 野菜は重さで値段が

記事を読む

秋の味覚

先日、京都の麩嘉さんで買った花麩を入れて、秋の味覚を食卓に。 きのこうどんに紅葉の彩りが加わりまし

記事を読む

代官山あんぱん

シェリュイのパン、結構好きなのですが、 何が「代官山」なのか気になっていた「代官山あんぱん」を購入

記事を読む

京都「SIZUYAPAN」

京都「SIZUYAPAN」と小倉あんの話 小倉あん(あんこ)発祥の地である京都には、たくさ

記事を読む

シャポン 自由が丘店

東京でチョコレートを買おうと思ったら銀座・丸ノ内界隈というイメージがあるんですが、シャポンの日本上陸

記事を読む

京都「有次」で買い物

京都「有次(ありつぐ)」さんと言えば、料理好きの方には割と知られている、京都老舗の有名な刃物屋さんで

記事を読む

ボルディエバターが手軽に

フランスでボルディエバターと出会ってから、すっかりバターの概念を覆されて大好きになりました。 もと

記事を読む

ナンバーシュガーのキャラメル

近くまで来る機会があったので、表参道のナンバーシュガーに行ってキャラメルの12個入りを買いました〜。

記事を読む

ミスドのオイルカットドーナツ

ミスドのショコラカーニバルのビジュアル、チョコレート中毒気味の私。スモアのようなマシュマロのドーナツ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

食器との出会い

ゴールデンウィーク、各地で陶器市が開催されてますね(羨望)。 2年前

読書レビュー 味覚と嗜好のサイエンス

新年、味覚の本をもう1冊。先日紹介した味覚の学校とは違い、こちらは徹底

読書レビュー 味覚の学校

新年、食育を考える上で「味覚」とどう向き合った内容を考えるかが現在課題

お雑煮の文化

2018年、あけましておめでとうございます。 我が家は毎年どこに

到来する人工知能の時代に食育の強さを考える

12/2、12/3とセミナーでした。 12/2(土)は日本フードコー

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑