*

STAUBでグリル料理

SPONSORED LINK

本日はお友達が家に遊びに来てくれましたので、メインにSTAUB(ストウブ)を使ったスチーム&グリルの料理を出しました。

※ストウブとはこれのことです(Amazonのページに飛びます)

使ったのは牛肩ブロック。なんと野菜切って焼き目を付けた肉と一緒にストウブに入れて15分待てば出来上がり、という超簡単メニュー。

ストウブ料理

ストウブ料理

味付けは牛肉の下味に塩コショウ、ストウブの蓋をする前にローズマリー2本とタイムを2本入れただけです。

ストウブでグリル+蒸し機能

ストウブでグリル+蒸し機能

フランス土産のマスタードをお好みで添えていただくスタイルにしました。
R2066513

お友達がとっておきのワインを持って来てくれたので、ワインとストウブ料理でなんとも華やかなおうちご飯。
R7298579
食卓で楽しい会話が弾む幸せな時間。こういうところでご飯を作っているのが幸せです。

<ストウブを使った牛肉と野菜のグリル>3人分
■材料
・ブロック肉・・300g
・玉葱・・2玉
・人参・・1本
・ジャガイモ・・2個
・ローズマリー・・2本
・タイム・・2本
・ニンニク・・2片
・オリーブオイル、塩、コショウ・・適量

■下準備
①ニンニクの芯を取り、小さく刻んだらオリーブオイルに付けておく(20分〜半日程度)
②ブロック肉の筋に切り込みを入れ、塩コショウする

■作り方
・フライパンに①のニンニクとオリーブオイルを入れ、ブロック肉を入れたら表面に焦げ目が付くまで両面を焼く
・ストウブに皮を剥いて4等分した玉葱、大きめに乱切りした人参(皮付きでも)、2等分にしたジャガイモ(皮付き)を入れてその上に肉を載せ、ローズマリーとタイムを載せて蓋をする。
・弱火で15分加熱し、火を止めて20分程度蒸らせば出来上がり。

この料理は殆ど手間がかからないのでホームパーティなどで出すのにおススメです。ローズマリーとタイムが手に入らない場合はローリエや、スパイスは無くても美味しく作れます。

野菜から出る水分だけでストウブ鍋がスチーム機能を発揮するので旨味が逃げない美味しい一品になります。しかも見た目に華やかなのがホームパーティ向き。

私が持っているのはこれ。お義兄さんからのプレゼントでした。ありがたい。。

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

パリ アリーグル市場

今日は午前中からマルシェに新鮮な野菜や果物を買いに行って来ました。 ここ、アリーグル市場は野菜

記事を読む

カボチャの味噌汁

カレイの煮付けとカボチャの味噌汁[/caption] 我が家で一番人気のご飯は、カボチャの味

記事を読む

ホワイトアスパラ 目玉焼のせ

近所の八百屋でホワイトアスパラが大量に買えました。 本当は3〜4本で良かったんですが・・ と

記事を読む

秋の味覚

先日、京都の麩嘉さんで買った花麩を入れて、秋の味覚を食卓に。 きのこうどんに紅葉の彩りが加わりまし

記事を読む

お魚料理 基本のき

日本料亭仕込み! 日本のお魚料理、基本のきです。 魚料理が苦手、絶対にやらない、という話をさ

記事を読む

豪華な石狩鍋のレシピ

アニメ牙狼、12/26の番組で作った「豪華な石狩鍋」のレシピです。 結構手の込んだレシピですが、出

記事を読む

秋の日本料理

本日は思いっきり料理デー。築地から仕入れられた鯖を使って、しめ鯖やりました。 料理の紹介をする

記事を読む

しんじょうの作り方

丁寧な日本料理、しんじょうを作りました。イチョウと紅葉は人参とカボチャ。 しんじょう[/c

記事を読む

鰤しゃぶ

年末なので、おせち料理にもなるハレの日ご飯と、鰤しゃぶを作りました。 なますは別途レシピ上げようか

記事を読む

妊婦食らしい日

一応、食べるものには気を使う時期。 神経質になってストレス溜めるのは・・と思うので適度にやってます

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

東京のお盆は本日から

日々に忙殺されて過ごしていると、季節のことをつい忘れがちですが・・

高松市瓦町「あなごの直吾美」

今年、夏から秋まで夫婦で仕事が忙しくなりそうだということで、 早めの

スパ ラクーア デトックスでキレイになる

キャンペーンのお知らせです! 7/1(日)~8/31(金)スパ ラク

食器との出会い

ゴールデンウィーク、各地で陶器市が開催されてますね(羨望)。 2年前

読書レビュー 味覚と嗜好のサイエンス

新年、味覚の本をもう1冊。先日紹介した味覚の学校とは違い、こちらは徹底

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑