*

代官山「メゾン ポール・ボキューズ」

SPONSORED LINK

代官山のメゾン ポール・ボキューズでディナー。素晴らしい時間を過ごしました。

IMG_3651

ポール・ボキューズといえば、フランスではミシュランの最多連続星獲得。
ポール・ボキューズの日本は、ひらまつグループのレストランで、本場と同じメニューがいただけます。

テーブルセッティング

テーブルセッティング

アミューズはズワイガニとウニをカボチャのソースで。

メゾン ポール・ボキューズ前菜

メゾン ポールボキューズ前菜


そして、手前のこのスープが、有名な黒トリュフのブイヨンスープ。

3日間寝込んだブイヨンで、上のパイ生地はゲストが思い思いに食べられるようになっていて、スープに入れたりそのまま食べたり。
これ、日本の懐石で出るお椀物からヒントを得て作ったメニューなんだそうです。

o0480048012775263585
スープはこんな感じです。香りが素敵。トリュフ盛り沢山でした…美味しすぎて絶句。。

こちらも名物、魚のウロコのように見立てたじゃがいもを上に敷き詰めたもの。濃厚なソースでいただく看板メニューなのです。
見た目に可愛らしいのがまた楽しい一皿です。ポール・ボキューズの遊び心なのかなーと思うと人柄が伝わって来るようです。
o0480048012775263545
デザート。
華やかです・・!さっぱりとしたフルーツとソルベをいただきました。

料理長も働いている方たち皆さんも、とても感じがよくて、緊張することなくフレンチコースがいただけます。

デザート、食後のカフェ、お菓子、までついたフルコースですが、ちょうど良いタイミングでドリンクを提供してもらえるので、会話に集中出来てとても楽しい。あっという間に2時間以上経っていて驚きました。デザートまで至福の時間を過ごせて夢のようでしたー。

記念日などに行くと間違いないかも。もちろん、ディナーのお値段は飲み物も入れるとカジュアルではないですが・・平日ランチはリーズナブルらしい。平日ゆっくりボキューズ、なんてなかなか出来ないですが、いいなあ。

<想定シーン>
席が広いお店を探している時におすすめ ★★★★★
コスパが良いお店を探している時におすすめ ¥¥
記念日などに使うお店におススメ ♡♡♡♡♡
1グループの最適な人数 2〜6人

<使用金額>
1人15,000円程度(夜)

<お店データ>
メゾン ポール・ボキューズ
TEL:03-5458-6324
住所:渋谷区猿楽町17-16 代官山フォーラムB1F

メゾン ポール・ボキューズのWEBサイト

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

代官山「ル・プティ・ブドン」

代官山はフレンチが多いですよね。 人気店『ル・プティ・ブドン』さんへ。レストラン パッションの

記事を読む

箱根 芦ノ湖「サロン ド テ ロザージュ」

山のホテルにある、サロン・ド・テ・ロザージュさん。 サロン・ド・テということで、デザートが食べられ

記事を読む

祐天寺「E-ra」で静岡おでん

祐天寺に静岡おでんが食べられるお店があります。その名も「E-ra(いいら)」 静岡県民にはこの言葉

記事を読む

中目黒「カシーナカナミッラ」

中目黒のイタリアンといえば、人気店がいくつかあるのですが、ここ、カシーナカナミッラさんもとっても人気

記事を読む

五反田「西安飯荘」

刀削麺が結構好きで、五反田の西安飯荘(セイアンハンソウ)さんの麻辣麺が結構好きで 辛い物が食べたい

記事を読む

代官山「Le petit restaurant epi」

代官山のおしゃれなエリア、恵比寿との中間にある坂の途中です。 歩いているとモデルさんによく遭遇する

記事を読む

中目黒「drole」

中目黒といえば、川沿いのカフェなイメージが多いエリアですね。 ということで、たまにはカフェのご紹介

記事を読む

強羅「ITOH DINIG by NOBU」

春の箱根に行ってきました。 そこで、行きたかったレストラン ITOH DINING by NOBU

記事を読む

祇園「THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO」

法事で京都に行ってきましたが、ディナーはTHE SODOH(ソウドウ)さんで。 納涼床が始まってい

記事を読む

びすとろUOKIN五反田店

五反田で特に予約が取れないお店、びすとろUOKINの予約が取れました。 いつも行きたいと思ったとき

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

食器との出会い

ゴールデンウィーク、各地で陶器市が開催されてますね(羨望)。 2年前

読書レビュー 味覚と嗜好のサイエンス

新年、味覚の本をもう1冊。先日紹介した味覚の学校とは違い、こちらは徹底

読書レビュー 味覚の学校

新年、食育を考える上で「味覚」とどう向き合った内容を考えるかが現在課題

お雑煮の文化

2018年、あけましておめでとうございます。 我が家は毎年どこに

到来する人工知能の時代に食育の強さを考える

12/2、12/3とセミナーでした。 12/2(土)は日本フードコー

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑