*

ル・ショコラ・アラン・デュカス

公開日: : 最終更新日:2014/11/03 お土産, 商品レビュー , , ,

SPONSORED LINK

アラン・デュカスのショコラトリーが、何となくマニアックなチョコ好きには面白そうなお店だなと思い(失礼かな・・)
工房のあるお店はバスティーユ駅。華やかなエリアからは少し離れるのですが足を伸ばして行って来ました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
お店の入り口が、通りから住宅に入るような場所なのでちょっと分かりづらいんですが、
派手さがなく、ひっそりとした立地、そして静かな空気の流れる店構え。

ジュエリーが売っていてもおかしくないような静かな雰囲気ですが、中から漂う「ものづくりの空気」に気持ちが上がります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
一歩お店に入ると、奥に興味深い機械が並んだ工房が・・そして、店内は思った以上にこじんまりとしていますが、何種かのボンボンショコラやオレンジピールのチョコレート掛けなど、ベーシックな見た目のチョコレート類と、
濃度や産地別の板チョコ(商品名は「チョコレートバー」)がずらりと並んでいました。
この日は気温が高く、持ち歩き時間を考えてボンボンショコラは断念しましたが、

産地別・濃度別の板チョコはボンボンショコラに比べて気温にも耐えられるとのことだったので、
板チョコ(チョコレートバー)を2種。
R7298498
今まで見たことが無かったサントメ・プリンシペ共和国のカカオを使った75%、そして結構良く知るマダガスカルは55%というミルクの濃度が少し高めのものに。
R7298499

カカオマス濃度の違いで味が品種別にどう変わるかとか(ミルクとの相性)、色々なことが分かりそうなので本当はもっと何種類も欲しかったのですが・・

荷物を持って南仏に向かう予定があったので溶けてしまう恐れもあり、控えめに・・。
希少カカオを使った高価なものもありました。
そのうち日本に上陸するんじゃないかとか思ったりもしていますが、私のような毎日チョコレート漬けの人間にはこういうチョコレートのストックはもっと要るのかも・・。

ちなみにサントメのカカオは酸味が独特で、あまり渋みが強くない。
75%なので苦みが強いと思ったんですが、苦みや渋みはそこまで強くない品種なんですかね・・。
私の知っているチョコレートの味と全然違うので、同じカカオでもここまで違うんだという発見が出来ます。

R7298516
色々なショコラを見て来た人が喜びそうなラインアップ。というか、産地や濃度によるチョコの違いがハッキリしていそうで、コーヒーを選ぶ様に選べるのが面白いです。
全種を食べ比べて色々産地の違いを楽しんでみたい・・。

包装とか冊子のクリエイティブ。
このまま日本で売っていてもチョコレートマニア受けが良さそうです。
R7298502
R7298510
全種のラベルを並べたポスター状のもの。
R7298506

■ル・ショコラ・アラン・デュカス・マニュファクチュール・ア・パリ
住所:40, rue de la Roquette 75011 Paris
電話:01 48 05 82 86
ル・ショコラ・アラン デュカス・マニュファクチュール・ア・パリの公式サイト
※イートインはありません

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

関連記事

ポタジエ

催事や通販などもやっていてメディア露出も多いポタジエさん。 野菜を甘いものに・・という所に興味を持

記事を読む

中目黒「喜風堂」

中目黒で和菓子と言えば、有名な喜風堂(きふうどう)さん。 メディア露出も割と多いのでご存知の方も多

記事を読む

オーストラリア「gewurzhaus」

オーストラリアのお土産をいただきました。 gewurzhaus[/caption] メルボルン

記事を読む

うかたま vol.36

お友達がライターをやっている、ご飯の雑誌「うかたま」 うかたま[/caption] な

記事を読む

神宗の塩昆布煮汁

またしても、読者の方より商品レビュー掲載依頼をいただきまして、こちらの商品をいただきました。 商品

記事を読む

京都「SIZUYAPAN」

京都「SIZUYAPAN」と小倉あんの話 小倉あん(あんこ)発祥の地である京都には、たくさ

記事を読む

ニチレイ「シェフズバランス」

ニチレイさんがやっている健康食の宅配で、有名店が監修したバランス食「シェフズバランス」というシリーズ

記事を読む

フランスでフレンチトースト

パン屋さんが閉まった時間に帰宅したので、 近所のスーパーで買ったパンを食卓に出したところ旦那さんに

記事を読む

ボルディエのバター

Bonjor! よしこキッチンin Parisです。 ということで、フランスはパリのアパルトマン

記事を読む

美濃焼 ぎやまん陶

器を物色するのが好きです。 と言っても、探すのは日常使いの食器だし、高い物だと大胆に盛りつけと

記事を読む

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

フードコーディネーター協会 研修会

昨日、日本フードコーディネーター協会の研修・交流会がありました。

食とマーケティング

最近、正しい知識を配信すべく、割とマニアックなテーマを選んでおりました

2018年の七夕は?旧暦と太陽暦

「暦の上では」と天気予報で発表される季節は、大抵暑い日に秋を伝えるもの

北品川「カンテサンス」

グルメが好きな人であれば、ご存知かもしれません「カンテサンス」。 ミ

東京のお盆は本日から

日々に忙殺されて過ごしていると、季節のことをつい忘れがちですが・・

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑