*

神宗の塩昆布煮汁

公開日: : 最終更新日:2014/11/03 商品レビュー, 本日の食卓 , , ,

SPONSORED LINK

またしても、読者の方より商品レビュー掲載依頼をいただきまして、こちらの商品をいただきました。
商品を試す機会に恵まれ、記事にするモチベーションが上がるという、食材との出逢い。本当にありがたいですー(感謝)。
IMG_4286
改めて日本各地の美味しいものが全然掘り下げられていないなあと、探求心に火が付く次第です。日々勉強ですね。

さて。
こちらの商品、「塩昆布煮汁」ということで、塩昆布を炊いた時に出た煮汁という商品らしい。

神宗(かんそう)さん、調べてみたらこちらの塩昆布は拝見したことがあります。最近では無いですが、食べたこともありました。
大阪のとても歴史のある塩昆布なんですね。ちなみに、私は関西の煮物や出汁の味がとても好きです。
http://www.kansou.co.jp
煮汁なんていう商品があるなんて知りませんでした。こういう商品が手元に来てくれただけでテンションが上がります。新しい食べ物との出逢い・・。
IMG_4287
原材料を見てみると、なるほど・・醤油ベースなんですね。
天然真昆布と山椒、清酒、醸造酢、鰹節、煮干し・・
旨味が多そうですが、醤油に山椒の組み合わせ。ピリッとするのでしょうか・・?

しょうゆの次に多い原材料が砂糖なので、恐らく甘醤油に近い使い方をするのでは・・と予想して実際に味見をしてみます。

おお
思ったよりドロっとしていて糖分が多め、蜜っぽい。濃度濃いめの煮汁です・・!液体としては黒いのですが、不思議と辛さがあまり感じられない調味料なのでマイルドに味付けが出来て和食向きかも。
色々使い方はありそうですが、本日はカジキを炊いてみました。

まずは、カジキを酒:塩昆布煮汁=5:1で漬け込むこと20分程度。
IMG_4289
魚と漬け込み液を落とし蓋をして煮汁が少なくなったら出来上がり。IMG_4290
出汁を使わなくても煮物っぽく出来ました。山椒という原材料に遠慮して生姜を使わずに煮込みましたが、いつも通り生姜が入った方が美味しいかも。

この商品のドロっとした特徴を活かして、焼きそばの出来上がり直前に回し入れるとか、そんな使い方だと香ばしくなりそうで良さそう。
色々使い方を探ってみようと思います。

ちなみに・・旨味が簡単に加えられそうなので、
実はカレーやシチューなどの煮込み料理に隠し味に使う用途もすごく向いてるんじゃないかなーと。
いつもは旨味足しにオイスターソースを入れてますが、そんな使い方でも美味しくいただけそうです。
暫く色々チャレンジします。今回もどうもありがとうございました!

よしこキッチンでは、食に関することであれば色々なことを研究してこちらで記事にしていこうと思っておりますので、
レビューや取材の依頼、引き続きお待ちしております!

よろしくお願いします。

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

健胃に梅うどん

暑い日や湿気の多い日が続き、胃が弱りがちな天候です。 家族から梅うどんのリクエストがありました。

記事を読む

秋の味覚

先日、京都の麩嘉さんで買った花麩を入れて、秋の味覚を食卓に。 きのこうどんに紅葉の彩りが加わりまし

記事を読む

鰯の梅煮

魚のリクエストが出たので、栄養価の高いイワシ。 骨ごと食べられる煮物にして美味しくいただきます。

記事を読む

代官山「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ」

代官山というと、何となく「ル・コルドン・ブルー」とこの「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ」に洋菓子

記事を読む

ジャックジュナンのサロン・ド・テ

ジャック・ジュナン氏はパリで天才と言われるショコラティエのひとり。メゾン・ドュ・ショコラ出身の方らし

記事を読む

お台場「ピンクベリー」

上陸したのがお台場ヴィーナスフォートなので、他の上陸系スイーツよりも行きづらいお店かもしれません、

記事を読む

秋の味覚とごま塩のレシピ

今年は秋刀魚(サンマ)が高い、というニュースが流れてました。 そんなある日、たまたま近所で安くてお

記事を読む

PLUS HITOTOK!の野菜ジャム

二子玉川まで、マルシェを見に行ってきました。 フードコーディネーター仲間が物産マルシェを出店してい

記事を読む

ダイエットと食

食のことと密接な関係、かつ、最近よくリクエストを受けるダイエットネタです。 ちなみに、私は食べるこ

記事を読む

週末菓子が絶品なキュイソン ルカ

西小山の桜並木通り、グローブコーヒーの隣に焼き菓子屋さんの「キュイソン ルカ」さんがあります。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

食器との出会い

ゴールデンウィーク、各地で陶器市が開催されてますね(羨望)。 2年前

読書レビュー 味覚と嗜好のサイエンス

新年、味覚の本をもう1冊。先日紹介した味覚の学校とは違い、こちらは徹底

読書レビュー 味覚の学校

新年、食育を考える上で「味覚」とどう向き合った内容を考えるかが現在課題

お雑煮の文化

2018年、あけましておめでとうございます。 我が家は毎年どこに

到来する人工知能の時代に食育の強さを考える

12/2、12/3とセミナーでした。 12/2(土)は日本フードコー

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑