*

ジャックジュナンのサロン・ド・テ

公開日: : 最終更新日:2014/11/03 お土産, 商品レビュー, 飲食店 , , ,

SPONSORED LINK

ジャック・ジュナン氏はパリで天才と言われるショコラティエのひとり。メゾン・ドュ・ショコラ出身の方らしいですね。
初めてボンボンショコラをいただいた時は、ビターな香りのチョコとスパイスやハーブを使っていて、美しい見た目が合わさって感動しました。

パリの少し観光地からは離れた住宅街に近いエリアにお店と併設のサロン・ド・テがあります。(日本で説明すると虎やさんとトラヤカフェの併設に近い感じです)
R2066699
サロン・ド・テは席数が少なく、ゆっくり楽しみたい人が利用するのである程度並ぶ覚悟が必要です。
並んでいると脇にある階段の上に工房?があり、ジャック・ジュナン本人が居るのが見えます。現場に居るんだなーと思うと品質への信頼が。

私も田舎がお菓子製造をやっているので、お菓子の工房にはノスタルジーを感じてしまいます。
R2066700
メニューは席に着いて初めて分かりました。サロン・ド・テ限定の生菓子(ケーキ類)とドリンク、そして店頭で買えるチョコ、キャラメル、ゼリー(パート・ド・フリュイ)。
席に着けたのは20分後位・・2009年のオープンから2014年の現在も1店舗しかないのでスケジュールに余裕が無いと立ち寄れません。

巨大なミルフィーユが人気みたいですが、他の人が頼んでいるのを見て日本のミルフィーユの3倍以上のボリューム。胃と相談して辞めました・・。
こちらは「本日のケーキ」キャラメルとクルミのタルト。
R2066703
くるみのザクザク感とボリューム満点。これで8€っていうのは、パリの他のカフェと比べても全然高くない。パリの物価がそもそも高いというのはあるんですが。

あと、綺麗なパート・ド・フリュイの盛り合わせっていうのもあります。
R2066702
これ、初めていただきましたが・・果汁よりジューシーで甘さが控えめ、表面の砂糖とゼリーの果汁を口の中で混ぜるのが楽しい。フルーツよりフルーツ感があるお菓子です。

一席につき4粒のボンボンショコラが配られます。このお皿の下には角砂糖が。
R2066704

ちなみに、チョコ7粒というメニューもあり、頼むと店頭に行って好きな物を選べます。
R2066706

ケーキ類はサロン・ド・テ限定。店頭で買えるのはチョコ類、パート・ド・フリュイ、キャラメルのみ。
ステンレスの箱に入れて買えるボンボンショコラは9粒を選んで箱に詰めます。
R2067008
デリケートな商品なので温度変化注意。賞味期限は2週間です。

色が濃いものがダークチョコレート、薄茶はミルクチョコレート。全体的にダークが人気で種類も豊富。店員さんが色味や柄のバランスを見て詰めてくれます。

キャラメルも人気で、マンゴーやフランボワーズなどのフルーツ味やヌガーなど。これもすぐ溶けるので注意。パリの春の気温で溶けたので冬期以外はお土産に出来ないかも・・

R2067011

お店の外見です
R2066707

<想定シーン>
このお店目当ての日を作れる旅程におススメ ★★★★
コスパが良いお茶を楽しみたい時におススメ ¥¥
ここでしか食べられないものを探したい時におススメ ♡♡♡♡♡
1グループの最適な人数 2〜4人

<使用金額>
1人15€程度(喫茶)

<お店データ>
ジャック・ジュナン
133 Rue de Turenne, 75003 Paris
TEL: +33 01 45 77 29 01
住所:133 Rue de Turenne, 75003 Paris

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

広尾一会で結婚記念日

結婚記念日、クリスマスシーズンと被っていた上に日曜日だったので、お店探しに苦労しました。 が、広尾

記事を読む

ミスドのオイルカットドーナツ

ミスドのショコラカーニバルのビジュアル、チョコレート中毒気味の私。スモアのようなマシュマロのドーナツ

記事を読む

中目黒「芙蓉庵」

定期的に蕎麦を食べたくなる夏の時期。中目黒の駅から近いGTタワーの中にある芙蓉庵さんへ。 飲食店の

記事を読む

週末菓子が絶品なキュイソン ルカ

西小山の桜並木通り、グローブコーヒーの隣に焼き菓子屋さんの「キュイソン ルカ」さんがあります。

記事を読む

中目黒「カシーナカナミッラ」

中目黒のイタリアンといえば、人気店がいくつかあるのですが、ここ、カシーナカナミッラさんもとっても人気

記事を読む

ラデュレで朝食を

朝、凱旋門近くのラデュレシャンゼリゼ店で朝食。 メニューの表紙から既にラデュレ。 ラ

記事を読む

代官山「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ」

代官山というと、何となく「ル・コルドン・ブルー」とこの「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ」に洋菓子

記事を読む

中目黒「マザーエスタ」

野菜不足解消に、有機野菜がいただけるオーガニックレストラン、マザーエスタさんで野菜補給してまいりまし

記事を読む

ルピシア 紅茶の福袋

紅茶は毎日3杯以上飲む私です。特に好きなのはルピシアの紅茶とリプトンの三角ティーバック(一般的に普及

記事を読む

パリ「レ・マルキ・ド・ラデュレ」

2014年のサロンデュショコラにも出店していた、 レ・マルキ・ド・ラデュレ。 http://ww

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

食器との出会い

ゴールデンウィーク、各地で陶器市が開催されてますね(羨望)。 2年前

読書レビュー 味覚と嗜好のサイエンス

新年、味覚の本をもう1冊。先日紹介した味覚の学校とは違い、こちらは徹底

読書レビュー 味覚の学校

新年、食育を考える上で「味覚」とどう向き合った内容を考えるかが現在課題

お雑煮の文化

2018年、あけましておめでとうございます。 我が家は毎年どこに

到来する人工知能の時代に食育の強さを考える

12/2、12/3とセミナーでした。 12/2(土)は日本フードコー

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑