*

月兎印 バット

公開日: : 最終更新日:2019/03/08 キッチングッズ

SPONSORED LINK

家のキッチングッズ、最近あまり新調していなかったんですが・・

第二子出産前に収納を見直したり要らないものを処分していたら、「そういえばホーローのバット買おうとしていたんだった」と唐突に思い出しました。

こういうことは善は急げかなと、ステンレス製のバットを処分してホーロー製のバットを新調。

コーヒー用のスリムポットが人気の「月兎印」(つきうさぎじるし)のホーローバットです。月兎印は製造が野田琺瑯、メイドインジャパン、品質も良いはず、ネイビーの縁が食卓に並べるのにも使いやすそう。

月兎印 バット

バットをホーロー製にするメリットはいくつかあるのですが、

  • 衛生的(肉など細菌が発生しやすい食材を使うバット向き)
  • 汚れが落ちやすいので扱いが簡単
  • 直火OK、アウトドアにも使用可能
  • 冷凍も可能
  • お皿としてそのまま食卓に出せる

という点が魅力です。

私はグリル料理が好きなので、バットで下味を付けたらそのままグリルに入れられるところや、直火にかけられるホーロー製品は重宝します。普段はグラタン皿やダッチオーブンを使うことが多いですが、ホーロー製のバットの方が汚れが落ちやすい、洗いやすい、軽い。白で色素沈着があったら、重曹を入れた水を沸騰させて磨けば落ちます。バットのまま冷凍・・とかはあまりしないかもしれませんが。

デメリットは・・IHのコンロを使っている方は対応していないのと、どうしてもガラスコーティングが剥がれてくることはある点でしょうか。それでも、家庭で普通の使い方をして入れば10年とか20年の単位であれば余裕で使える耐久性があるので、剥がれなどの経年変化も楽しいです。

オーブンにも入れられるので、お菓子作りにも。

早速活用していますが、一番小さなサイズでも深さがあってお肉の漬け込みなどに使いやすいです。

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

関連記事

食器との出会い

ゴールデンウィーク、各地で陶器市が開催されてますね(羨望)。 2年前益子に行ったきりで、器との出会

記事を読む

no image

日本の器たち

先日のフードコーディネーター協会、プロ技セミナーに参加した際に、 雑誌『栄養と料理』の元編集長、三

記事を読む

京都「有次」で買い物

京都「有次(ありつぐ)」さんと言えば、料理好きの方には割と知られている、京都老舗の有名な刃物屋さんで

記事を読む

no image

ハンドブレンダー 選び方 コードレス編

ハンドブレンダーの選び方、コードレス編です。 前回の離乳食編はこちらをご参考まで。 キッチン

記事を読む

マイユの生マスタード

パリのお土産で、マイユの生マスタードを2種買って来ました。 ・黒トリュフ入り(24.9€・・約3,

記事を読む

フラワーレッスン

本日はテーブル装花のランクアップを狙いまして・・ フラワーレッスンに行って来ました。 お願い

記事を読む

staub

STAUBがやってきた!

ストウブ[/caption] STAUBをいただきました。 ずっと気になってはいたけど、お

記事を読む

バーミックスを購入

離乳食にハンドブレンダーを使っていますが、すりつぶしと裏ごしがスイッチ入れて20秒で完了するのはやっ

記事を読む

南部鉄器がやってきた

日本が世界に誇る伝統工芸品は沢山ありますが、その中でも最近洋風にアレンジされたり海外の人がお土産にこ

記事を読む

離乳食 ハンドブレンダー 選び方

離乳食を始めるので、ハンドブレンダーを購入します。 ところが、このハンドブレンダーが非常に選びづら

記事を読む

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

月兎印 バット

家のキッチングッズ、最近あまり新調していなかったんですが・・

フードコーディネーター協会 研修会

昨日、日本フードコーディネーター協会の研修・交流会がありました。

食とマーケティング

最近、正しい知識を配信すべく、割とマニアックなテーマを選んでおりました

2018年の七夕は?旧暦と太陽暦

「暦の上では」と天気予報で発表される季節は、大抵暑い日に秋を伝えるもの

北品川「カンテサンス」

グルメが好きな人であれば、ご存知かもしれません「カンテサンス」。 ミ

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑