*

炊飯器を新調

SPONSORED LINK

我が家の炊飯器を新調しました。
今まで6年くらい使っていた炊飯器は夫が独身時代に購入した土鍋の圧力IH炊飯器。
タイガーのJKX−Aという型番で、当時の店頭価格が10万円強くらいの商品・・。

今や、この値段・・。型が古いっていうのはそういうことですが・・。

土鍋炊きの内釜、コーティングが剥がれてきました。
もともと、おこげができるのが売りなタイガー製炊飯器。コーティングが剥がれたところはお焦げというかなんというか・・な仕上がりになってきたので、内釜を買い替えたいなーと調べると、なんと内釜だけで2万円強。
先ほどの本体価格とあまり変わりません・・。

ということで、イチから炊飯器を選ぶことに。

すると、なんというか、選び方の難しい膨大なラインナップ。
各社も似た型番であるわあるわ、ピンキリな値段。

結論から言うと、今回は圧力IHを辞めて、普通のIH炊飯器にしました。

MITSUBISHI(三菱電機) IHジャー炊飯器 5.5合 4902901817359 備長炭 炭炊釜 NJ-VV108

価格:21,800円
(2017/10/29 17:52時点)
感想(0件)


※2017年10月現在、Amazonの取扱なし、このお店で買いましたが、家電量販店よりかなり安かったです

で。
我が家のポイントを挙げます。

①夫はモチモチタイプのご飯が好き
②私は少し硬めが好き
③子供ができてお弁当が増えた
④子供ができて冷凍ご飯をストックする機会が増えた
⑤共働き子持ちなので、洗う手間は楽な方がいい

というのが、まず我が家の条件。

①のモチモチタイプについては、圧力IHの方が得意です。
圧力をかけるから、お米自体のしっかりした感じが、少し水っぽくなってもちっと感が出やすいので。
我が家が前使っていたのも圧力IHでした。

圧力IHは、洗う部品が多くて、蓋を洗うのも結構手間がかかります。個人的には、そこがちょっと不満だったりして。。

②硬めご飯はIHが得意らしいです。
が、IH炊飯器は圧力IHに比べて、お米の良し悪しに左右されるんだとか。
圧力をかけたほうが、どんなお米も美味しく炊けやすいと・・なるほど。

③子供ができたら、ちょいちょいお弁当を持参する機会が増えました。
幼稚園なんかに通うことになると、毎日お弁当ですよね。
そういう場合、お弁当向きのお米、というのがあって・・実は、圧力IHで炊いたお米はお弁当にするとあんまり美味しくない・・。
詰めたばかりの頃は、ちょっとべちゃっとしていて、時間が経つとそれがパサっとします。

④なので・・③にも通じますが、冷凍にも冷蔵にも向いていないのが圧力IHで炊いたご飯。冷凍を温めると、なんとなくベチャっとしてパサっとしたお米に・・。

というわけで⑤洗いやすいし値段も比較的安いIHがいいんじゃないか?という候補になってきたわけです。

で、圧力IHの中でも高いのと安いのと値段がピンキリなわけですが、その違いは主に
・釜の厚さ
が一番大きいということがわかりました。

つまり、我が家の前使っていた炊飯器の内釜が高いのは理にかなっているんですが。
釜が高いのが高い機種。

で、結論から言うと、お弁当にとって美味しいお米が炊けるのが売りのこの機種になりました。

三菱電機 炭炊釜

三菱電機の機種も、これ以外に何機種かアルファベット違いがありますが、この機種が一番釜の厚さが「5層」で厚いので、店頭では4万円ちょっとで売ってます。
IH炊飯器の中では、かなり高めの機種ですね。
他社メーカーは、
IH炊飯器<圧力IH炊飯器
という感じで、値段は圧力炊飯器の方が高いようです。

で、実際使ってみた感想です。

キッチンの収まり

まず、見た目とキッチンの収まりはどのメーカーさんのものより気に入ってましたので、これは満足。

そして炊き上がりですが、やはり最初は圧力IHに比べてお米がしっかりしてるなーという印象でした。
「芳醇炊き」機能を使うと、柔らかいふっくらとしたお米に炊きあがるので、もっちり系が好きな方はこの機能で炊いた方が良いです。

冷蔵・冷凍・お弁当に使うご飯に関しては、以前の圧力IHとは比べ物にならないくらいおいしくなりました。

季節を選んで水加減を調整する機能に関しては、まだ使いこなせていないので割愛。

あと、気に入っているのはお手入れの楽さ。

炊飯器

以前は炊きあがると炊飯器の周囲がお米を炊いた蒸気で汚れていたんですが、この機種に関してはIH炊飯器だからか、炊飯器自体がほとんど汚れません。
あと、蓋も洗いやすくて水洗いするだけ。

圧力IHは蓋が凸凹していてかなり汚れが入り込むので、洗うのが結構大変です。
釜も洗いやすいのでお手入れはとっても簡単。ここは主婦にオススメ。

結果ですが、私は満足です。
高い釜の方がお米の種類が良くても悪くても同じように炊きあがるのは良かったのかもですが、今はお米が違うと味が違うので、色々なお米を食べて味の違いを楽しめるようになりました。

メーカーさんの炊飯器比較ホームページはこちら
そして、私の買った機種の説明ページはこちらです。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/suihanki/product/sumitaki/vv.html
5.5合炊きよりも、1升炊きの方がオープン価格は安いらしいです・・
ご参考まで。

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

中目黒「喜風堂」

中目黒で和菓子と言えば、有名な喜風堂(きふうどう)さん。 メディア露出も割と多いのでご存知の方も多

記事を読む

エコール・クリオロの糖質制限ケーキ

エコールクリオロでパンを買ったついでにスイーツもついで買い。(パンは早めに行かないと売り切れます)

記事を読む

ボルディエのバター

Bonjor! よしこキッチンin Parisです。 ということで、フランスはパリのアパルトマン

記事を読む

ポタジエ

催事や通販などもやっていてメディア露出も多いポタジエさん。 野菜を甘いものに・・という所に興味を持

記事を読む

ニチレイ「シェフズバランス」

ニチレイさんがやっている健康食の宅配で、有名店が監修したバランス食「シェフズバランス」というシリーズ

記事を読む

伊豆大島の青唐辛子醤油

伊豆大島のお土産で青唐辛子醤油をいただきました! 青唐がらし醤油[/caption]

記事を読む

お台場「ピンクベリー」

上陸したのがお台場ヴィーナスフォートなので、他の上陸系スイーツよりも行きづらいお店かもしれません、

記事を読む

ボルディエバターが手軽に

フランスでボルディエバターと出会ってから、すっかりバターの概念を覆されて大好きになりました。 もと

記事を読む

PLUS HITOTOK!の野菜ジャム

二子玉川まで、マルシェを見に行ってきました。 フードコーディネーター仲間が物産マルシェを出店してい

記事を読む

マイユの生マスタード

パリのお土産で、マイユの生マスタードを2種買って来ました。 ・黒トリュフ入り(24.9€・・約

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

読書レビュー 味覚と嗜好のサイエンス

新年、味覚の本をもう1冊。先日紹介した味覚の学校とは違い、こちらは徹底

読書レビュー 味覚の学校

新年、食育を考える上で「味覚」とどう向き合った内容を考えるかが現在課題

お雑煮の文化

2018年、あけましておめでとうございます。 我が家は毎年どこに

到来する人工知能の時代に食育の強さを考える

12/2、12/3とセミナーでした。 12/2(土)は日本フードコー

no image
日本の器たち

先日のフードコーディネーター協会、プロ技セミナーに参加した際に、 雑

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑