*

Les enfants gates レザンファン ギャテ

SPONSORED LINK

誕生日のお祝いをレザンファンギャテさんでしてもらいました。

レザンファンギャテ メニュー


テリーヌの有名なお店というのと、ミシュランで長いこと星をキープされているお店という印象。
初めて来ました。

コースの最初はトウモロコシ。

レザンファンギャテ 前菜


トウモロコシで作った生地の上に、粒とバターのフレークが乗っているスナック状の前菜。
手でつまんでいただきます。
盛り付けが華やか。

次は、小さなテリーヌ。

レザンファンギャテ 前菜


ブランド鯵の「華鯵」を使ったテリーヌで、上にのっているのはトマトのソルベ。
テリーヌはチーズの風味が聞いていて想像以上にまろやかでした。

そして、野菜のテリーヌ。

レザンファンギャテ 野菜


20種類の野菜を、ゼラチン等は一切使わずに圧力のみで形成されたテリーヌとのこと。
お皿の上に載っているソースはサフラン、フレーク状のものはコリアンダー。
野菜自体は野菜本来の味を楽しむテリーヌでした。

続いて、活き〆鱧と水菜、長芋、インゲンのテリーヌ。

レザンファンギャテ 鱧


鱧がたっぷりだなーと思って食べ進めていると、長芋だった、という食感が楽しいテリーヌ。
点で描かれたソース、梅肉が京都で食べる鱧を思い出させます。夏の味覚。

メインの一皿目、真鯛のポアレ サザエとマッシュルームのラビオリ。

レザンファンギャテ 魚


真鯛のポアレは皮目をしっかり揚げ焼きされていて、皮まで食べられるようになっています。
見た目以上に、かなりしっかりした味ですが、ラビオリのサザエがいいアクセントで美味しい。
お店の人気メニューだそうです。

メインの二皿目、静岡県産富士の鶏モモ肉のロティ ジロール茸。

レザンファンギャテ 肉


これ、絶品でした。
鶏肉でもここまで弾力というか、肉質が筋肉質っぽいもも肉もなかなか食べたことが無いんですけど、
味付けも絶妙で。
ジロール茸も風味豊かで。
鶏肉がここまで分厚いと、表面と中側の味が変わってきてしまうものですが、
表面と中の味の差が感じられないという調理の素晴らしさ。

デザートは白桃とフランボワーズのテリーヌ。

レザンファンギャテ デザート


テリーヌですが、ゼリーですね。
テリーヌの定義は、テリーヌの型に入れて成形したもの全般なので、これもテリーヌ。
アイスもいいアクセントになっていて、さわやかでした。

最後はメレンゲと紅茶をいただいて終了。

レザンファンギャテ 小菓子


駅から離れているお店ですが、ゆっくりできました。

関連ランキング:フレンチ | 代官山駅渋谷駅恵比寿駅

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

ギリシャレストラン「スピローズ」

ワールドカップで20日、日本対ギリシャ戦があるということで・・ ギリシャ料理を食べに行こうという企

記事を読む

祐天寺「蕎や 月心」

祐天寺の駅から少し離れたところにある、小さなお蕎麦屋さん『蕎や 月心』そばや つきごころ、と読みます

記事を読む

二子玉川「ダリアロッソ」

二子玉川に少し雰囲気のある「柳小路」という道があって、角に和食屋さんのような暖簾が印象的なイタリアン

記事を読む

中目黒「Huit」

中目黒のランチでかなり好きな場所が「HUIT(ユイット)」さん。 パリの食堂みたいな雰囲気でご飯

記事を読む

五反田「西安飯荘」

刀削麺が結構好きで、五反田の西安飯荘(セイアンハンソウ)さんの麻辣麺が結構好きで 辛い物が食べたい

記事を読む

パリ「Epicure」

世界の食通が集まるパリで「食通」という名前を名乗る、予約の取れないレストラン。実は数年前までレストラ

記事を読む

表参道「たまな食堂」

表参道エリアはオーガニック野菜が食べられるお店がたくさんありますが・・ その中でも、毎回来るたびに

記事を読む

TODAY’S SPECIAL KITCHEN 自由が丘

自由が丘のTODAY'S SPECIALの上にカフェがあることは前から知っていましたが、まだ行ったこ

記事を読む

広尾一会で結婚記念日

結婚記念日、クリスマスシーズンと被っていた上に日曜日だったので、お店探しに苦労しました。 が、広尾

記事を読む

築地「ボン・マルシェ」

築地のイタリアン、ボン・マルシェに行ってまいりました。 築地ボン・マルシェ、、日本語にすると築地良

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

食器との出会い

ゴールデンウィーク、各地で陶器市が開催されてますね(羨望)。 2年前

読書レビュー 味覚と嗜好のサイエンス

新年、味覚の本をもう1冊。先日紹介した味覚の学校とは違い、こちらは徹底

読書レビュー 味覚の学校

新年、食育を考える上で「味覚」とどう向き合った内容を考えるかが現在課題

お雑煮の文化

2018年、あけましておめでとうございます。 我が家は毎年どこに

到来する人工知能の時代に食育の強さを考える

12/2、12/3とセミナーでした。 12/2(土)は日本フードコー

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑