*

二子玉川「ダリアロッソ」

公開日: : 飲食店 ,

SPONSORED LINK

二子玉川に少し雰囲気のある「柳小路」という道があって、角に和食屋さんのような暖簾が印象的なイタリアン「ダリアロッソ」さんがあります。

休日ランチは、パスタ単品(スープ、パン付き)か、コースが選べるのですが、
折角なのでコースを注文してみました。

お店のメニューで「大切なスープ」と書いてある、スープ。
日替わりらしいのですが、10種類の食材を使った滋養豊かなスープとのこと。

ダリアロッソ スープ

ポタージュスープです。野菜たっぷりで美味しくいただきました。
お店からのサービスで、1歳の子供用に胡椒とパセリなしのスープをコップで提供してもらいました。
配慮が嬉しい。。

ダリアロッソ パンと野菜

パンは袋に入って提供されますが、中に野菜チップスも入っています。
袋で提供されるスタイル、ワクワク感があって楽しいかも。

ダリアロッソ 前菜

コースの前菜は、その時その時で3〜4品が提供されるそうですが、この日は4品。
一番右の赤いのはクラゲですが、酸味の加減がとても好きな味でした。
男性は少し苦手そうな・・。

ダリアロッソ ずわい蟹と京菜花の塩味パスタ

パスタは、コースでは好きなパスタを選べます。私が選んだのは塩味パスタ。
ずわい蟹が割とたっぷり使われていて、一見和風なんですがオリーブオイルの風味で和風になりすぎていない感じがとても好きです。

メインは肉か魚が選べましたが、私は魚を。

ダリアロッソ 魚

この日は、鮭でした。
油で揚げてあるので、あえて料理名で言うと鮭のフリット?
筍とゼンマイが添えてあり、春を感じる一皿でした。
結構なボリュームです。

ダリアロッソ コーヒー


コースにはドリンクも付いていて、盛りだくさんでした。
パスタ単品でも、スープとパン(野菜チップス付き)が付いてくるので、単品にしては高めに見えますが、満足感あります。

一見、大人のお店なんですが、子連れにも優しいので二子玉川でショッピングのママにもオススメ。

関連ランキング:パスタ | 二子玉川駅二子新地駅

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

関連記事

自由が丘「蔭山樓」

野菜とコラーゲンが取れる自由が丘のヘルシーでフレンチスタイルの中華を提供されている、蔭山樓(かげやま

記事を読む

中目黒「焼鶏あきら」

中目黒の目黒川沿いでも、このエリアは特に人気店が並んでいる通りだと思います。春の時期は桜と目黒川で雰

記事を読む

武蔵小山「nemo」のパン

私の持論ですが、 いいパン屋さんと、いいお花屋さんが何軒かある街は住みやすい街。 そして、住みや

記事を読む

五反田「ぎたろう軍鶏 炭火焼鳥たかはし」

五反田の駅近に、穴場ランチのお店があります。 お店の名前は「ぎたろう軍鶏 炭火焼鳥たかはし」さん。

記事を読む

びすとろUOKIN五反田店

五反田で特に予約が取れないお店、びすとろUOKINの予約が取れました。 いつも行きたいと思ったとき

記事を読む

代官山「Le petit restaurant epi」

代官山のおしゃれなエリア、恵比寿との中間にある坂の途中です。 歩いているとモデルさんによく遭遇する

記事を読む

祇園「THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO」

法事で京都に行ってきましたが、ディナーはTHE SODOH(ソウドウ)さんで。 納涼床が始まってい

記事を読む

箱根 芦ノ湖「サロン ド テ ロザージュ」

山のホテルにある、サロン・ド・テ・ロザージュさん。 サロン・ド・テということで、デザートが食べられ

記事を読む

ニース「ラ・メランダ」

ニースの旧市街に、名門ホテル「ネグレスコ」のメインダイニング「シャンテクレール」で元料理長をしていた

記事を読む

パリ「Epicure」3

エピキュールの記事、最終話です。 Epicure記事 第1弾 Epicure記事 第2弾 これ

記事を読む

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

食とマーケティング

最近、正しい知識を配信すべく、割とマニアックなテーマを選んでおりました

2018年の七夕は?旧暦と太陽暦

「暦の上では」と天気予報で発表される季節は、大抵暑い日に秋を伝えるもの

北品川「カンテサンス」

グルメが好きな人であれば、ご存知かもしれません「カンテサンス」。 ミ

東京のお盆は本日から

日々に忙殺されて過ごしていると、季節のことをつい忘れがちですが・・

高松市瓦町「あなごの直吾美」

今年、夏から秋まで夫婦で仕事が忙しくなりそうだということで、 早めの

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑