*

強羅「ITOH DINIG by NOBU」

公開日: : 飲食店 , , , ,

春の箱根に行ってきました。
そこで、行きたかったレストラン ITOH DINING by NOBU さんへ。

神戸牛ステーキを出す伊藤シェフと、世界のNOBUさん(松久信幸シェフ)のコラボ店。
これは・・海外の人に人気がありそう、と思ったら・・やっぱり外国人率は高かったです。

こちらのお店に着くと、まずお店の雰囲気もとっても素敵。

お店のHPより

夜だと、とっても雰囲気が良さそうです。

お店のHPより

お伺いしたのはランチだったので、
私はシーフードランチ、夫が黒毛和牛ステーキランチをそれぞれ。

ランチにはスープとサラダとデザート、ドリンクがセットになっています。

ITOH by NOBU スープ

スープは根菜のポタージュ。ごぼうのスープでした。
ごぼうってスープにしても美味しいですよね。。

ITOH bu NOBU サラダ

サラダは梅肉ソースの酸味の効いたサラダ。
前菜とスープから、割と和が押し出されたメニューになっているのかなと思っていたら、構成が全体的に和食。

ITOH by NOBU 黒毛和牛

黒毛和牛のステーキは山葵のソース。旨味の強い弾力のあるお肉でした。

ITOH by NOBU シーフード

シーフードランチのシーフードは魚とエビを焼いたものに、西京味噌のソース。
鉄板で焼かれて出てきたシーフードですが、食べている時は完全に和食。
鉄板焼きのイメージとも、またちょっと違うかもしれません。

ITOH by NOBU 焼きパスタ

そして、こちらはメニューになかったんですが、途中で運ばれてきた「焼きパスタ」
味は、わかりやすく言うと高級な焼きそば。
牛肉が細かく入っていて、ほどよく焼かれたパスタに旨味が絡んでいて、これ、とっても好きです。
見た目はシンプルというか、他の料理に比べて地味ですが・・

ITOH by NOBU デザート

デザートは白玉団子と抹茶アイスに、クランブル状のきな粉がかかったものでした。
隣の席の外国人女性が、これを絶賛していました。
日本人には、割と馴染みのある感じのデザートです。

ITOH by NOBU 内装


雰囲気もゆったりとしていて、接客も心地のよい空間、箱根に行ったら寄りたくなるような旅行気分を盛り上げてくれるお店でした。

デートでも家族でも、どんなシーンの人でも楽しめる貴重なお店です。

関連ランキング:鉄板焼き | 強羅駅彫刻の森駅

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

関連記事

リヨン「LE SUD」

美食の街、リヨン。 リヨンの英雄のようなシェフ「ポール・ボキューズ」の本店はリヨンから少し離れたと

記事を読む

エズ「シャトーエザ」

フランス滞在中に行った中で、「ミシュラン星付きレストランでお茶だけする」という強行をして来たのがこち

記事を読む

自由が丘「BAKE」 チーズタルト

自由が丘に行くと、どのスイーツを買って帰ろうかの選択肢が多いです。 駅すぐのBAKEさんは休日

記事を読む

中目黒「ちゃんこ芝松」

寒くなると毎年食べたくなる、ちゃんこ鍋。中目黒のどすこい酒場 ちゃんこ芝松さんで今年初のちゃんこ鍋を

記事を読む

箱根 芦ノ湖「サロン ド テ ロザージュ」

山のホテルにある、サロン・ド・テ・ロザージュさん。 サロン・ド・テということで、デザートが食べられ

記事を読む

中目黒「エムソラ」

中目黒には知らないと入れないお店がいくつかありますが、エムソラさんもそんなお店のひとつ・・だと思いま

記事を読む

五反田「西安飯荘」

刀削麺が結構好きで、五反田の西安飯荘(セイアンハンソウ)さんの麻辣麺が結構好きで 辛い物が食べたい

記事を読む

築地「ボン・マルシェ」

築地のイタリアン、ボン・マルシェに行ってまいりました。 築地ボン・マルシェ、、日本語にすると築地良

記事を読む

中目黒「ヨハン」

中目黒エリアは昔からあるお店と比較的新しいお店が同じエリアに並んで営業してますが、チーズケーキのヨハ

記事を読む

バックパッカーズカフェ

お仕事の縁で知り合った、蔵前にあるバックパッカー向けのゲストハウスNui(ヌイ)さん。 http:

記事を読む

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

読書レビュー 味覚と嗜好のサイエンス

新年、味覚の本をもう1冊。先日紹介した味覚の学校とは違い、こちらは徹底

読書レビュー 味覚の学校

新年、食育を考える上で「味覚」とどう向き合った内容を考えるかが現在課題

お雑煮の文化

2018年、あけましておめでとうございます。 我が家は毎年どこに

到来する人工知能の時代に食育の強さを考える

12/2、12/3とセミナーでした。 12/2(土)は日本フードコー

no image
日本の器たち

先日のフードコーディネーター協会、プロ技セミナーに参加した際に、 雑

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑