*

島根物産マルシェに行ってきました

公開日: : 最終更新日:2017/03/20 商品レビュー, 食のコラム , , ,

SPONSORED LINK

3/18から3/20まで二子玉川で行われていた「ふたこ座」というマーケット。
フードコーディネーター仲間で後輩のOちゃんが出店をしていたので遊びに行ってきました。

神在商店

お店の名前は「神在商店」。出雲では有名な名前なんだとか。
さすが出雲。神様が集まる土地だけに、そんな名前があるんですね。

出雲の物産は、「仁多米」の2号サイズ食べ比べパックから、地元の窯元さんの器、ジンジャーエール、プリン、レーズンバターサンドなどなど。

スイーツ類は試食があったので、全種類いただいて、全種類購入してきました。

そして、Oちゃんお勧め宮内舎の「玄米麺」。購入して早速トマトパスタならぬトマトソース玄米麺を作ってみました。

玄米麺 トマト


麺は弾力があって、かなりモチモチ系です。日本人好みの麺で、麺自体を楽しむ感じです。
玄米というのが、普通のお米より栄養価が高くて嬉しいですね。
生麺タイプなので、少しソースの絡みが悪いかなーというのが気になりました。
なので、この麺はつけ麺系で食べるのが一番美味しいはず。

ざる玄米麺とか、ラーメン系のつけ麺とか、Oちゃんは冷麺が良いと言っていましたが、冷麺の麺に食感が近いと思います。
冷製パスタの代用が美味しいと言われたんですが、冷製・・という季節でもなかったので温製にしちゃいました。
折角なので冷製もそのうち作って食べたいです。

玄米麺で、地方創生というと思い出す話があります・・お米の消費量が減って米農家が困っているという話や、耕作放棄地の話も以前リアルに聞いたところでした。

お米を飼料にして家畜を育てるプロジェクトがあったり、日本酒を海外に輸出したりとお米の消費を増やす取り組みは色々ありますが、
玄米麺も、島根の小さな集落で耕作放棄地問題に直面した地域の声や、小麦アレルギーの声からできた商品でした。

小麦アレルギー、私の友人の子供にもいますが、小麦が食べられないだけで除去しなければいけない食品の多さは知っている人にしか分からない苦労かもしれません。

こういった、誰かの暮らしが良くなる地方発の商品って大事だなあと。

これからは、誰かの問題を解決するための商品がどんどん増えていくんだろうなと、漠然と思っています。

この商品はインターネットで通販もやっているようなので、ご興味があれば是非注文してみてください。
玄米麺は使っている農薬量で値段が違っています(驚)

宮内舎(みやうちや)のウェブサイト
http://miyauchiya.com/top-off-sound/

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

フードコーディネーター1級試験

先日受験した、フードコーディネーター1級の試験結果が返ってきました。 試験内容が難しく、かなり

記事を読む

仕事復帰と両立中の食事について

毎度お久しぶりになってしまっているこちらのブログ。 お陰様で沢山の人にお越しいただいているようで、

記事を読む

食品業界マーケティング 5年後の日本

フードコーディネーター協会の総会に参加してきました。 実は、1級を取得するまで協会の会員になっ

記事を読む

代官山「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ」

代官山というと、何となく「ル・コルドン・ブルー」とこの「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ」に洋菓子

記事を読む

奥出雲 仁多米

先日、仁多米をいただきました。 最近の我が家ですが、ブランド米ほとんど食べていなくて・・ と

記事を読む

ルピシア 紅茶の福袋

紅茶は毎日3杯以上飲む私です。特に好きなのはルピシアの紅茶とリプトンの三角ティーバック(一般的に普及

記事を読む

京都「SIZUYAPAN」

京都「SIZUYAPAN」と小倉あんの話 小倉あん(あんこ)発祥の地である京都には、たくさ

記事を読む

京都柳苑「つくばい」

老舗和菓子屋さんの多い京都で、人気の和菓子、 柳苑(りゅうえん)さんの楽石・・が無かったので、ほぼ

記事を読む

離乳食と幼児食について

離乳食や幼児食の講座を開いているフードコーディネーターもいるので、私もたまに「離乳食の知識があるって

記事を読む

塩竈の藻塩

よしこキッチン読者の方から、折角なのでこの商品を取り上げてほしい、というリクエストをいただきました!

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

食器との出会い

ゴールデンウィーク、各地で陶器市が開催されてますね(羨望)。 2年前

読書レビュー 味覚と嗜好のサイエンス

新年、味覚の本をもう1冊。先日紹介した味覚の学校とは違い、こちらは徹底

読書レビュー 味覚の学校

新年、食育を考える上で「味覚」とどう向き合った内容を考えるかが現在課題

お雑煮の文化

2018年、あけましておめでとうございます。 我が家は毎年どこに

到来する人工知能の時代に食育の強さを考える

12/2、12/3とセミナーでした。 12/2(土)は日本フードコー

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑