*

奥出雲 仁多米

SPONSORED LINK

先日、仁多米をいただきました。

最近の我が家ですが、ブランド米ほとんど食べていなくて・・
というのも、雑穀と一緒に炊いてしまうので美味しいお米だと雑穀の水加減と合わないことが多いんですよね。。
同じ状況の方、いらっしゃいますでしょうか・・。

そんな我が家に、奥出雲産の仁多米が来ました。精米したてで。

仁多米 コシヒカリ


ありがとうございます。
これは雑穀と一緒には炊けないやつ。たまには白米を味わうようにしたいと思います。

鍋で炊くのが美味しいんだろうなと思いつつ、仁多米は炊飯器でも美味しく炊けるのがいいところらしいので・・我が家のタイガーに任せようと思います。

いただいた時に、こだわった水で炊いて欲しいと言われたのですが、
家の水道水(浄水)よりも微量ミネラルの入ったミネラルウォーターの方が美味しく炊けると言われたんですが、とりあえず、浄水を使って炊いてみます。

炊き方も仁多米独自に何かこだわりがあったらどうしようと思い、仁多米の生産者のホームページを巡って色々調べてみました。

・・書く人によって言っていることが違います・・
色々試して美味しい方法を確立しろって事でしょうか。

大体の方が書いているのは、

①最初にお米に掛ける水にこだわる
→軟水である事。どうやら水道水を浄水したものでも良いらしい。
②研ぎすぎない
→2〜3回くらい。研ぐというより軽く洗う要領で。
③水加減は少し水を少なめに
→大抵の方は「少し少なめにする」と書いていますが、奥出雲のサイトでは研いだ後にザルにあげて、米と同量の水で炊く、と書いてありました。
米と同量というのは・・恐らく1合=180ccと計算するんでしょう。
3合なら540cc+研いだお米を炊飯器に入れて炊く、という水加減なんだと思います。
④吸水時間を取る
→夏場30分程度、春と秋は1時間程度、冬は2時間程度浸けてから炊く。
⑤炊き上がったら蒸らす
→15分程度蒸らしてから、蓋を開けてしゃもじで混ぜて余分な蒸気を飛ばす

ということでしたが、これだと普通の炊き方と変わりませんね。
仁多米は、普通に炊くだけで美味しいから人気なのかも。
③の水加減は、タイガーの炊飯器についている「極うま白米炊き」の水加減と同量になりました。

そして、炊いてみると・・
思ったよりも粒がしっかりしています。噛み応えはしっかり。一見硬いのかと思うとそんなことはなく、しっかりした粒には弾力もあって食べやすいです。
癖はなく、それでいてちゃんと甘みを感じられるので、塩気のあるおかずに合うお米ですね。
塩むすびにしても美味しそう。

精米5kgは冷蔵庫で保管しながらいただいていますが、折角なので精米したてのうちに、なるべく早く食べたいと思います。

直美さーん、ありがとうございました!

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

ニチレイ「シェフズバランス」

ニチレイさんがやっている健康食の宅配で、有名店が監修したバランス食「シェフズバランス」というシリーズ

記事を読む

ジャックジュナンのサロン・ド・テ

ジャック・ジュナン氏はパリで天才と言われるショコラティエのひとり。メゾン・ドュ・ショコラ出身の方らし

記事を読む

エコール・クリオロの糖質制限ケーキ

エコールクリオロでパンを買ったついでにスイーツもついで買い。(パンは早めに行かないと売り切れます)

記事を読む

フランスでフレンチトースト

パン屋さんが閉まった時間に帰宅したので、 近所のスーパーで買ったパンを食卓に出したところ旦那さんに

記事を読む

料理を科学する

少なくとも料理を研究している1人として、料理と切り離せないのは味覚や科学だ!と思うのですが、 特に

記事を読む

パリのスーパー

とにかく色んなものが種類が多いパリのスーパーで、毎日長時間費やしています。 野菜は重さで値段が

記事を読む

マイユの生マスタード

パリのお土産で、マイユの生マスタードを2種買って来ました。 ・黒トリュフ入り(24.9€・・約

記事を読む

ポタジエ

催事や通販などもやっていてメディア露出も多いポタジエさん。 野菜を甘いものに・・という所に興味を持

記事を読む

ル・ショコラ・アラン・デュカス

アラン・デュカスのショコラトリーが、何となくマニアックなチョコ好きには面白そうなお店だなと思い(失礼

記事を読む

ボルディエバターが手軽に

フランスでボルディエバターと出会ってから、すっかりバターの概念を覆されて大好きになりました。 もと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

食器との出会い

ゴールデンウィーク、各地で陶器市が開催されてますね(羨望)。 2年前

読書レビュー 味覚と嗜好のサイエンス

新年、味覚の本をもう1冊。先日紹介した味覚の学校とは違い、こちらは徹底

読書レビュー 味覚の学校

新年、食育を考える上で「味覚」とどう向き合った内容を考えるかが現在課題

お雑煮の文化

2018年、あけましておめでとうございます。 我が家は毎年どこに

到来する人工知能の時代に食育の強さを考える

12/2、12/3とセミナーでした。 12/2(土)は日本フードコー

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑