*

自家製人参ドレッシング

公開日: : レシピ, 本日の食卓 ,

SPONSORED LINK

家でサラダを食べる時は、塩と胡椒とオリーブオイルとビネガー類でドレッシング代わりに食べることが多いですが、
ちょっとおもてなし料理で作る人参ドレッシングが好評で、レシピの希望を頂きましたので書いておきます。

人参ドレッシング

人参ドレッシング

昨日のホームパーティで出したサラダのあまりで、ビジュアルが頼りないのをご勘弁ください・・。

<材料>8〜10食分くらい
人参・・1本
玉ねぎ・・1/2個
すりおろしニンニク・・小さじ1
すりおろし生姜・・小さじ1/2
オリーブオイル・・大さじ2くらい
白ワインビネガー・・大さじ2くらい
すりごま(白)・・大さじ1/2くらい
胡椒、醤油・・少々

<作り方>
①人参、玉ねぎをミキサーにかけます
②にオリーブオイル、白ワインビネガー、ニンニク、生姜、すりごまも入れてミキサーにかけます。
③味見をして、オリーブオイル、ビネガー、胡椒、醤油を足します

出来上がりです

人参や玉ねぎは大きさや味によって味付けが変わるので、オリーブオイルや白ワインビネガーの量を調節します。
ポイントは、味見は「3回まで」と決めて味を決めてください。何度も味見をしているとどんどん麻痺するので間違いやすいです。

少し酸っぱいくらいでも美味しいので、ビネガーは多めに入れるのがオススメ。
ミキサーやブレンダーがなくても、人参と玉ねぎをすりおろせば同じものが作れますが、玉ねぎをするのは目が痛いので注意・・。
すりおろしはこれが私のオススメです。

サンクラフト 業務用 プロ おろし PT2500

新品価格
¥1,717から
(2016/8/28 08:50時点)


業務用、プロおろし。

自家製ですが、野菜の旨味がドレッシングに加わりお店味になります。
人参を生で美味しく食べられて普通のドレッシングよりもとってもヘルシーなので、たっぷりかけて食べてくださいね。

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

ひつまぶし レシピ

2016年7月30日(土)は土用の丑の日です。 もともと「う」のつく食べ物を食べるのが夏を乗り切る

記事を読む

塩竈の藻塩

よしこキッチン読者の方から、折角なのでこの商品を取り上げてほしい、というリクエストをいただきました!

記事を読む

高蛋白質食

ようやく自炊も出来るようになりました。 においつわり・吐きつわりが無くなったので、 キッチンに立

記事を読む

良いレシピの書き方とは

本日、フードコーディネーター協会のプロ技講座に行ってまいりました。 「レシピ作成講座」 というこ

記事を読む

火鍋研究はじめました

毎年、外で食べた鍋を家で再現しながらオリジナル鍋を作る・・というのをやっているんですが、 折角なの

記事を読む

お魚料理 基本のき

日本料亭仕込み! 日本のお魚料理、基本のきです。 魚料理が苦手、絶対にやらない、という話をさ

記事を読む

フランスでフレンチトースト

パン屋さんが閉まった時間に帰宅したので、 近所のスーパーで買ったパンを食卓に出したところ旦那さんに

記事を読む

鍋料理の料理教室

昨日、個人レッスンで料理教室しました。 テーマは華やかで美味しい絶品鍋、ということだったので、石狩

記事を読む

筑前煮のレシピ

寒い季節に食べたくなる筑前煮。 定番料理ですが、美味しく作れると料理がワンランク上がった気分に。作

記事を読む

我が家のクリスマスディナー

今年のクリスマスディナーは、新調したノリタケのディナープレートに合わせた料理。 プラチナラインがと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

食器との出会い

ゴールデンウィーク、各地で陶器市が開催されてますね(羨望)。 2年前

読書レビュー 味覚と嗜好のサイエンス

新年、味覚の本をもう1冊。先日紹介した味覚の学校とは違い、こちらは徹底

読書レビュー 味覚の学校

新年、食育を考える上で「味覚」とどう向き合った内容を考えるかが現在課題

お雑煮の文化

2018年、あけましておめでとうございます。 我が家は毎年どこに

到来する人工知能の時代に食育の強さを考える

12/2、12/3とセミナーでした。 12/2(土)は日本フードコー

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑