*

離乳食 ハンドブレンダー 選び方

公開日: : キッチングッズ, 離乳食

SPONSORED LINK

離乳食を始めるので、ハンドブレンダーを購入します。
ところが、このハンドブレンダーが非常に選びづらい。色んな種類が売っていて、その人がハンドブレンダーの主な役割を何にするかで選び方が違うのが複雑かなと思います。

2016年現在の価格帯は、1000円台から高いものは3万円以上のものまで。
離乳食を作るのが目的であれば、実は選び方は単純だったりするんですが、他の目的がある場合はどのメーカーの何が良いの?の比較が難しくなります。そんなわけで、私はかなり悩みました。

今回は、離乳食メインでハンドブレンダーを選ぶ場合の商品候補をピックアップします。

■離乳食メインで購入を検討する場合(2016年現在)
離乳食は冷凍の作り置きも最長1週間なので一度に作る量が多くありません。すりつぶしと裏ごしをする手間さえ短縮できれば大活躍するので、安価なもので充分です。
安いものと高いものの違いですが、高いものはモーターのパワーが違います。馬力があるのでナッツ類が潰せたりします。ただ、初めてハンドブレンダーを使用するのが離乳食の場合、モーターのパワーが強いものの方が飛び散りやすいのが一般的なので、逆に不便に感じることもあるかも・・。

テスコム PureNatura スティックブレンダー THM-311


<特徴>本体重量550g(軽量、コンパクト)、150W、耐熱温度は60度程度

ブラウン マルチクイックハンドブレンダー MQ500


<特徴>本体重量718g、350W、耐熱温度100度(熱い鍋に入れて使える)、モーター部以外は食洗機可、2段階スピード調節

パナソニック ハンドブレンダー MX-S100


<特徴>本体重量900g、200W、1年保証、4枚刃、モーター部以外は食洗機可

クイジナート スマートスティックハンドブレンダー CSB-76シリーズ


<特徴>本体重量700g、120W、1年保証、熱に強いステンレスシャフト(耐熱温度記載無しですが、おそらく100度)、ビタミンカラーラインナップ

上記機種について言えば、
・粗熱を取る前に鍋に直接入れてミキサーしたい場合はブラウン、クイジナート
・家に食洗機があってなるべく食洗機で洗いたい場合はブラウン、パナソニック
・後々フードプロセッサーも使いたい場合はブラウンのものにすると別売りのパーツを足してフードプロセッサーも使えます。
・クイジナートのものが連続使用可能時間が3分、他は1分です。ただ、離乳食用であれば1分でも充分。
・硬いものを砕く必要がない場合、軽量なものを選ぶのも有りかも。テスコムのものが圧倒的に軽いです。
・パナソニックとクイジナートには1年間の保証付き。

離乳食のついでだし色んな機能が欲しい・・と考えて結局その人にとって要らない機能が付いたものを買ってしまうのが一番勿体ないので、離乳食だけであればシンプルな機能の機械をとりあえず買ってみて、ハンドブレンダーに慣れてから「もっと色々作りたくなった!」という2〜3年後くらいに、その時の最新機種をまた買い直すのでもいいんじゃないかなと、個人的には思います。
ブラウンのものを選ぶと、パーツを追加購入していくこともできますし。

フードプロセッサーも欲しかった!という場合は、その理由次第ではフードプロセッサーのパーツがセットになったものを買ってもいいかもしれませんが、フードプロセッサー機能を使う場合、専用のパーツを洗う手間がプラスされるので、
みじん切りやスライスを楽にする価値>分解洗浄の手間(離乳食の場合は消毒も)
というのが前提になっていれば良いかなと思います。ついでに言うと、ハンドブレンダーの付属として使うフードプロセッサーは、コンパクトなのが魅力な分、機械にかける前にある程度素材を包丁で小さく切らなければかけられないので、野菜のみじん切り程度であれば結局包丁が万能じゃん、って思う可能性も・・。

混ぜるのとつぶす以外の機能が付いたものを最初から揃えようと思った場合、かえってどの機能も中途半端にしか使えずに収納場所を取られ、「こんなはずじゃなかった」ってなりやすいのが落とし穴です。
というのも、私がまだブレンダー初心者の頃に色んな機能が使えるパーツが付いた高いセットを買ったんですが、ブレンダーを使う料理がレパートリーに増えていくよりも時間が経っていくスピードの方が早く、使いこなす前に劣化していった苦い経験があります。こういうのって、使用頻度が少なくても経年劣化でダメになっていくんですよね・・。

ハンドブレンダーの今回紹介した安い価格帯の機種は、氷やナッツなどは砕けません。どうしても氷を砕きたい場合は機種が限られます。ただ、野菜のスムージーを作ったりするのは今回紹介したどの機種でも全く問題ありません。

私は、ジュースやソース、ペーストなどを作るために最初にブレンダーを買ったのが10余年前。現在使っているものは購入して3年ですが1年以上前から故障しかかっていますので、これを機にようやく高馬力のハンドブレンダーに手を出すことにしました。
普段はポタージュスープを作ったり、ペースト状にした野菜を料理に使ったり、野菜が使い切れないなーと思ったらジュースにして飲んでしまったり。今の季節(冬)は小松菜が生で飲むのに美味しくてお勧めです。

ブレンダーを使うようになると、野菜を違った形で取れるようになりますし、持っていないけど買うのをためらっている・・という方は、ハンドブレンダー自体は決して高いものではないので、とりあえずこの辺の機種を使ってみてはいかがでしょうか??

キッチンの作業スペース近くにコンセントがないのでコードレスの方がいい!という台所事情の方もいるかと思いますので、次回はコードレス機種のことを書きます。
みなさまの参考になれば幸いです。

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

美濃焼 ぎやまん陶

器を物色するのが好きです。 と言っても、探すのは日常使いの食器だし、高い物だと大胆に盛りつけと

記事を読む

no image

日本の器たち

先日のフードコーディネーター協会、プロ技セミナーに参加した際に、 雑誌『栄養と料理』の元編集長、三

記事を読む

南部鉄器がやってきた

日本が世界に誇る伝統工芸品は沢山ありますが、その中でも最近洋風にアレンジされたり海外の人がお土産にこ

記事を読む

マイユの生マスタード

パリのお土産で、マイユの生マスタードを2種買って来ました。 ・黒トリュフ入り(24.9€・・約

記事を読む

長谷園のプチ鍋

蓋付きのお椀が欲しくて色々探していたんですが、 いざ買おうと思ったらありきたりのものじゃつまら

記事を読む

相棒のキッチン道具

料理が嫌いな人にほど、勧めたいのは 包丁の切れ味にこだわる こと。 まず、切れ味が悪い

記事を読む

ジェンガラケラミック

バリ島の目的地で優先順位の高かった『ジェンガラケラミック』 もともとはバリに外資系高級ホテルが参入

記事を読む

離乳食が始まります

こんにちは。 育休中で毎日抱っこ魔に叫ばれながら過ごしております。 赤ちゃんって、性格みんな違う

記事を読む

no image

ハンドブレンダー 選び方 コードレス編

ハンドブレンダーの選び方、コードレス編です。 前回の離乳食編はこちらをご参考まで。 キッチン

記事を読む

離乳食と幼児食について

離乳食や幼児食の講座を開いているフードコーディネーターもいるので、私もたまに「離乳食の知識があるって

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

食器との出会い

ゴールデンウィーク、各地で陶器市が開催されてますね(羨望)。 2年前

読書レビュー 味覚と嗜好のサイエンス

新年、味覚の本をもう1冊。先日紹介した味覚の学校とは違い、こちらは徹底

読書レビュー 味覚の学校

新年、食育を考える上で「味覚」とどう向き合った内容を考えるかが現在課題

お雑煮の文化

2018年、あけましておめでとうございます。 我が家は毎年どこに

到来する人工知能の時代に食育の強さを考える

12/2、12/3とセミナーでした。 12/2(土)は日本フードコー

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑