*

七福なます

公開日: : 最終更新日:2014/12/22 レシピ, 本日の食卓 ,

SPONSORED LINK

お正月料理、日本料理のハレの日ご飯「七福なます」のレシピです。
なますは、その料理の酸味から「生酢」と勘違いされることもありますが、由来は生の猪肉を食べる料理がルーツらしく、室町時代にお酢を使ってから酢の物のことを「なます」と呼ぶ様になっています。

膾(なます)のルーツは魚と獣を生で食べることに由来していますが、
現在のなますは生の食材を酢を加えて食べるものになっています。でも漢字は「生酢」ではなく「膾」です。
昔の日本料理で膾はメインデッシュ。

では、京おばんざいの『七福なます』のレシピです。

七福なます

七福なます

『七福なます』
<材料> 8人分〜10人分※作り置き前提で作ります
大根(4cmの長さの千切り)12cm〜16cm分
京人参(4cmの長さの千切り)4cm分

※大根:京人参の量が8:1くらいになると綺麗な色味になるので
太さや大きさによって量を調節します

油揚げ(厚さが薄いもの)・・2枚
白滝・・1袋
出汁・・80ml程度
生姜・・1片
ゆずの皮・・1/3個分
干し椎茸(最初に水で戻しておく)・・4枚程度

A
砂糖・・大1
塩・・小1/3
淡口醬油・・小2

B
白ごま・・大4
砂糖・・大3
酢・・大3

<作り方>
①大根と人参は皮をむいて4cmの長さの千切りにし、大根・人参は必ず別のボウルに入れて塩少々を入れて軽くもみ、30分程度おいてから水でよく洗い、絞る

②油揚げは油抜き(熱湯を使う)、限りなく細い千切り

③白滝は熱湯を通して食べやすい大きさ(一口で食べる想定の長さ)に切る

④鍋に出汁とAの調味料を入れて②③干し椎茸の軸を取って千切りにしたものを入れ、弱火で煮てザルにとって冷ましておく

⑤生姜の皮をスプーンの柄などで薄くむき、千切りして水にさらしておく。

⑥ゆずは表皮だけを千切り

⑦Bの白ごまをすり鉢ですり、残りの調味料を入れてよくすり混ぜる

⑧大根・人参・油揚げ・白滝・干し椎茸と水気を切った生姜を加え、あえる

⑨器に盛り、ゆずを散らす

糸みつばの茎を入れても彩り鮮やかに出来ます。

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

関連記事

水切りヨーグルトの活用レシピ

水切りヨーグルトを研究中です。 先週、子供が胃腸風邪と私が急性胃腸炎をやったので・・胃に優しい

記事を読む

塩竈の藻塩

よしこキッチン読者の方から、折角なのでこの商品を取り上げてほしい、というリクエストをいただきました!

記事を読む

パリ アリーグル市場

今日は午前中からマルシェに新鮮な野菜や果物を買いに行って来ました。 ここ、アリーグル市場は野菜

記事を読む

しんじょうの作り方

丁寧な日本料理、しんじょうを作りました。イチョウと紅葉は人参とカボチャ。 しんじょう[/c

記事を読む

火鍋研究はじめました

毎年、外で食べた鍋を家で再現しながらオリジナル鍋を作る・・というのをやっているんですが、 折角なの

記事を読む

健胃に梅うどん

暑い日や湿気の多い日が続き、胃が弱りがちな天候です。 家族から梅うどんのリクエストがありました。

記事を読む

ダイエットと食

食のことと密接な関係、かつ、最近よくリクエストを受けるダイエットネタです。 ちなみに、私は食べるこ

記事を読む

我が家のクリスマスディナー

今年のクリスマスディナーは、新調したノリタケのディナープレートに合わせた料理。 プラチナラインがと

記事を読む

鰯の梅煮

魚のリクエストが出たので、栄養価の高いイワシ。 骨ごと食べられる煮物にして美味しくいただきます。

記事を読む

カボチャの味噌汁

カレイの煮付けとカボチャの味噌汁[/caption] 我が家で一番人気のご飯は、カボチャの味

記事を読む

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

フードコーディネーター協会 研修会

昨日、日本フードコーディネーター協会の研修・交流会がありました。

食とマーケティング

最近、正しい知識を配信すべく、割とマニアックなテーマを選んでおりました

2018年の七夕は?旧暦と太陽暦

「暦の上では」と天気予報で発表される季節は、大抵暑い日に秋を伝えるもの

北品川「カンテサンス」

グルメが好きな人であれば、ご存知かもしれません「カンテサンス」。 ミ

東京のお盆は本日から

日々に忙殺されて過ごしていると、季節のことをつい忘れがちですが・・

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑