*

日本料理と五色と陰陽五行

SPONSORED LINK

日本料理に大事なのは「五味五色(ごみごしょく、またはごみごしき)」ですが、それぞれに意味があって陰陽五行(いんようごぎょう)にルーツがあります。
五味とは「甘味・酸味・塩味・苦味・うま味」、
五色とは「赤(朱)、白、黒(玄)、黄、青(緑)」です。
IMG_4903
同じ言葉が仏教にもあって、仏教の五味は牛乳や羊乳を指す言葉だったり(ex,仏教では五味で最上級の乳製品を「醍醐味」と言います)お寺に掛かっている五色幕などでも良く見る五色という考え方があります。
※仏教と日本料理と陰陽五行は同じ言葉や似た習慣が多く、現代ではそれがごちゃごちゃに認識されていることもあるので調べてみると面白いです。

陰陽五行というと、占いや中国の歴史が好きな人には馴染みがあるかも・・、日本料理も仏教もルーツを辿ると中国ということが多く、日本独自の文化でもルーツは中国、ということがよくあります。

その、五味五色がどう大事かというと、1食にそれぞれを偏らせずに全て取り入れることが基本、とされているのが日本料理。陰陽五行の五味五色というのは、それぞれが方角や季節を表しています。

その全てを取り入れることが基本・・ということ。
陰陽五行を説明するとそれだけで10ページくらい割かなければ説明出来なさそうですが、中国の薬膳も陰陽五行がルーツなので勉強しておくと中国薬膳・日本料理・韓国料理の理解に繫がります。
ちょっとオカルトな世界になりますが、陰陽五行は勉強しているのでご希望があればちょっとまた入門編記事みたいなものを書くかも。

我が家では家族に酸味が敬遠されるので、酸味だけ足りなくなりがちかもと思うことも。私は酸味が好きなんですが・・あまり好きでないと言われるとなかなか作らなくなりますね。

懐石料理を習っている料理教室では、なるべく一品ごとに五味五色を意識したものを作るので、日本料理って本当に難しいなと思いますが、
この文化の奥の深さが面白いので、割と楽しんでやってます。

他に、五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)五法(生/切る、煮る、焼く、蒸す、揚げる)も日本料理では重要だと言われますが、「五」にちなんでいるのは恐らく陰陽五行から来ているんじゃないかとか。

色々勉強中ですが、五色を意識した食卓を心がけると、健康面も料理の色彩面も充実するのでおススメですが・・
現代の共働き社会に適合しているのかと考えると、簡単に五味五色を意識出来る方法をあみだしてみようかなとか、研究中です。

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

料理教室ワークショップ

料理教室ワークショップ、改めて再開していきます。 まずは12/28(日)に都心の大きなキッチンスタ

記事を読む

懐石料理

料理教室をイベント的に主催することがありますが、基本的には通うことも好きで、特に最近は本格的な知識

記事を読む

鍋料理の料理教室

昨日、個人レッスンで料理教室しました。 テーマは華やかで美味しい絶品鍋、ということだったので、石狩

記事を読む

料理教室について

こんにちは。 育休中ですが、よしこキッチン品川スタジオ(仮称)が5月中旬に完成予定です。

記事を読む

フードコーディネーター1級試験

先日受験した、フードコーディネーター1級の試験結果が返ってきました。 試験内容が難しく、かなり

記事を読む

no image

レシピ無料時代の料理教室

近々、お友達限定で料理教室を開催の予定ですが、先日料理教室参加希望者が 「最近はもっぱらクックパッ

記事を読む

良いレシピの書き方とは

本日、フードコーディネーター協会のプロ技講座に行ってまいりました。 「レシピ作成講座」 というこ

記事を読む

秋の植物とフードコーディネート

まだまだ残暑の厳しい毎日ですが、お花屋さんには秋の植物が並ぶようになりました。 ススキが店頭に売っ

記事を読む

料理とご飯と私と経歴

こんにちは。 「なぜ料理家として活動をしているのか」ということを聞かれることが多いので・・

記事を読む

年忘れ料理教室

都内のキッチンスタジオを借りて、お友達同士で料理教室しました。 今回のテーマは、簡単なのに手間が掛

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

読書レビュー 味覚と嗜好のサイエンス

新年、味覚の本をもう1冊。先日紹介した味覚の学校とは違い、こちらは徹底

読書レビュー 味覚の学校

新年、食育を考える上で「味覚」とどう向き合った内容を考えるかが現在課題

お雑煮の文化

2018年、あけましておめでとうございます。 我が家は毎年どこに

到来する人工知能の時代に食育の強さを考える

12/2、12/3とセミナーでした。 12/2(土)は日本フードコー

no image
日本の器たち

先日のフードコーディネーター協会、プロ技セミナーに参加した際に、 雑

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑