*

料理教室ワークショップ

公開日: : 料理について

SPONSORED LINK

料理教室ワークショップ、改めて再開していきます。
まずは12/28(日)に都心の大きなキッチンスタジオで料理教室→その後作った料理を囲んで忘年会、の会やります。

他にも、料理教室はリクエストもらえれば積極的にやりたいなと思うのです。
料理教室、生涯趣味にしたい。

私はもともとプランナーなので、
レシピそのものを作るのも勿論好きではありますが、料理教室で何を教えたくて何を作るか、という視点でのレシピ作りが好きです。

単にレシピを知るだけだったり、作り方を知るだけだったら、現在世の中には便利な情報が沢山溢れています。
レシピサイト、動画サイト、料理番組、カジュアルな料理教室・・。
どこの情報も、料理上手になる情報が沢山あります。

上記情報関係のお仕事をやっている人が周りに多いので、ここ最近の料理情報のお手軽さと発展は凄いなと思いますし、そのお陰で料理教室の必然性は減って来ています。
お手軽に料理の伝承が出来る便利な時代だなと思うんですが。

だからこそ、よりパーソナルな、個人に合わせた料理教室が楽しい時代になったなと。
そういった情報ツールをうまく使える様な料理教室もやれるな、って思う様になりました。

料理教室では、その人に合った料理のポイントを掴んでもらうところに絞って教えるのが好きです。
6回位のレッスンで、冷蔵庫のストックを見た瞬間にオリジナルレシピがいくつかアレンジ出来る様になるまでコツが伝授出来るのが理想。
クックパッドを開けば冷蔵庫にあるものでレシピ検索が出来ますが、そこにあるものと家にある調味料、そしてその人の好みにあったものをその場で作れる判断が出来れば、料理上手っぽくて良いと思うんです。

人には得意不得意が必ずあるので、得意なところを伸ばす料理教室にしたい。

私は、包丁使いとフライパン返しが20年も上達しない典型的な不器用タイプなんですが、その場にある材料でオリジナル料理を生んだり、巷のレシピをアレンジするのが得意です。
あとは、外で食べたものを自分で作ってみたり・・。

使う材料、その場で変えちゃったりしますけど・・

料理の科学と美味しいと感じる脳の仕組みから勉強しているので、
美味しいと思うコツや日本人好みのアレンジの仕方など、色々ワークショップやって行きたいと思います。

是非色々お問い合わせ下さいませ。

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

日本料理と五色と陰陽五行

日本料理に大事なのは「五味五色(ごみごしょく、またはごみごしき)」ですが、それぞれに意味があって陰陽

記事を読む

懐石料理

料理教室をイベント的に主催することがありますが、基本的には通うことも好きで、特に最近は本格的な知識

記事を読む

鍋料理の料理教室

昨日、個人レッスンで料理教室しました。 テーマは華やかで美味しい絶品鍋、ということだったので、石狩

記事を読む

年忘れ料理教室

都内のキッチンスタジオを借りて、お友達同士で料理教室しました。 今回のテーマは、簡単なのに手間が掛

記事を読む

食育メニュープランナー

食育メニュープランナーの勉強が修了し、修了証が届きました。 食育メニュープランナー[/capti

記事を読む

no image

レシピ無料時代の料理教室

近々、お友達限定で料理教室を開催の予定ですが、先日料理教室参加希望者が 「最近はもっぱらクックパッ

記事を読む

懐石料理の構成とマナー

懐石料理って何となく分かるけど、結局どういうもので何が正解なの?という基本知識について簡単に説明しま

記事を読む

フードコーディネーター1級試験

先日受験した、フードコーディネーター1級の試験結果が返ってきました。 試験内容が難しく、かなり

記事を読む

良いレシピの書き方とは

本日、フードコーディネーター協会のプロ技講座に行ってまいりました。 「レシピ作成講座」 というこ

記事を読む

情報解禁につき、告知!

情報解禁が、本日18時ということだったので直前の告知です! 先日少しFacebookでは告知を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

読書レビュー 味覚と嗜好のサイエンス

新年、味覚の本をもう1冊。先日紹介した味覚の学校とは違い、こちらは徹底

読書レビュー 味覚の学校

新年、食育を考える上で「味覚」とどう向き合った内容を考えるかが現在課題

お雑煮の文化

2018年、あけましておめでとうございます。 我が家は毎年どこに

到来する人工知能の時代に食育の強さを考える

12/2、12/3とセミナーでした。 12/2(土)は日本フードコー

no image
日本の器たち

先日のフードコーディネーター協会、プロ技セミナーに参加した際に、 雑

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑