*

銀座「サンク」

SPONSORED LINK

銀座駅直結、たまに買い物をする銀座駅のセブンイレブン隣にある「バー&ダイニング サンク」さんでワイワイしてきました。
こちらのお店はBYO(Bring Your Own)レストランでワイン持ち込みが可能です。1本1800円の持ち込み料なので、良いワインをみんなで空けたい時に持ち込みも楽しいかも。

この日は、仲の良いメンバーと一緒に、駅近なので終電乗り遅れないねーといいながら楽しんできました。

サンク ポテト

サンク ポテト

みんなでシェアするサクサクのポテトだったり、小エビ イカ マッシュルームのアヒージョだったりを美味しくいただきながら、落ち着いた店内で随分盛り上がってしまいました。。お店の皆さん、お騒がせしました。

サンク アヒージョ

サンク アヒージョ

オムレツには、普通のデミグラスソースのオムレツとトリュフ入りとで種類がありましたが、メンバーのうちの1名が「トリュフってちょっと・・」ということだったので、ノーマルなオムレツ。トリュフ入りは黒板に書いてあったので日替わりみたいです。

サンク オムレツ

サンク オムレツ

ベーシックなプレーンオムレツに王道のデミグラスソースの組み合せ。結構大きいので4人位でシェア出来ます。

メインに、フランス産ホロホロ鳥のローストと名物の牛ホホ肉の赤ワイン煮込みを頼みました。

サンク ホロホロ鶏

サンク ホロホロ鳥

ジューシーで癖が無く、食鳥の女王と呼ばれるホロホロさん。みんなで「ホロホロ鳥ってこういう味なんだね」と言いながらいただきます。
キジに似てるって言いますが・・鶏とは全然違います。
写真に残っていない牛ホホ肉の赤ワイン煮込みは、付け合わせのマッシュポテトも含めてとっても美味しかったです。おススメ。

サンク 水蛸のフリット

サンク 水蛸のフリット

個人的に私がお気に入りだった、タコのフリット。これも黒板メニューなので日替わりメニューのようですが、歯ごたえも味も好きでした。

全体的に大人の人が多い店内ですが、私とお友達みたいなワイワイした集団も楽しめます。お店が広いので、大人数での来店も出来そう。
東京メトロのB6出口のところです。

<想定シーン>
ワイン好きにおススメ ★★★★
コスパが良いお店を探している時におススメ ¥¥¥
ゆっくり過ごしたい時におススメ ♡♡♡♡♡
1グループの最適な人数 2人〜8人

<使用金額>
1人5,000円程度(夜)

<お店データ>
バー&ダイニング サンク
住所:東京都中央区銀座5-4-3 対鶴館B1
TEL:03-3573-5796
サンクのWEBサイトはこちら

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

ジャックジュナンのサロン・ド・テ

ジャック・ジュナン氏はパリで天才と言われるショコラティエのひとり。メゾン・ドュ・ショコラ出身の方らし

記事を読む

ポタジエ

催事や通販などもやっていてメディア露出も多いポタジエさん。 野菜を甘いものに・・という所に興味を持

記事を読む

代官山「メゾン ポール・ボキューズ」

代官山のメゾン ポール・ボキューズでディナー。素晴らしい時間を過ごしました。 ポール・

記事を読む

中目黒「スゥリル」

中目黒からも代官山からも同じくらいの距離にある目黒川から一本入った裏目黒のフランス料理店「スゥリル」

記事を読む

中目黒「drole」

中目黒といえば、川沿いのカフェなイメージが多いエリアですね。 ということで、たまにはカフェのご紹介

記事を読む

中目黒「まえだや」

本日はジンギスカン!ラム肉をいっぱい食べましたー!! 代官山と中目黒のちょうど中間くらいのとこ

記事を読む

旗の台 スペイン食堂 石井

旗の台駅にあるスペイン食堂 石井さんに行ってきました。 この日は土曜のランチでしたが、満員で入

記事を読む

五反田「ぎたろう軍鶏 炭火焼鳥たかはし」

五反田の駅近に、穴場ランチのお店があります。 お店の名前は「ぎたろう軍鶏 炭火焼鳥たかはし」さん。

記事を読む

中目黒「青家」

青家といえば、青山有紀さんのお店。メディア露出も多いので有名ですが・・夜は紹介制、昼間は誰でもラ

記事を読む

代官山「アンノンクック」

代官山から割と近く、2階に上るとあるマクロビオティックなご飯が食べられるアンノンクックさんでお茶+デ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

食器との出会い

ゴールデンウィーク、各地で陶器市が開催されてますね(羨望)。 2年前

読書レビュー 味覚と嗜好のサイエンス

新年、味覚の本をもう1冊。先日紹介した味覚の学校とは違い、こちらは徹底

読書レビュー 味覚の学校

新年、食育を考える上で「味覚」とどう向き合った内容を考えるかが現在課題

お雑煮の文化

2018年、あけましておめでとうございます。 我が家は毎年どこに

到来する人工知能の時代に食育の強さを考える

12/2、12/3とセミナーでした。 12/2(土)は日本フードコー

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑