*

長谷園のプチ鍋

公開日: : 最終更新日:2014/11/06 キッチングッズ , , ,

SPONSORED LINK


蓋付きのお椀が欲しくて色々探していたんですが、
いざ買おうと思ったらありきたりのものじゃつまらないなーと思って買えない・・ということが続き、
料理教室で習った椀ものも、家に帰ったら蓋無しのお椀で再現され・・
特に蓋を使う事が無い食卓が長いこと続きました。

なかなか「とりあえず」で買えないのが、食器。

使う自分が器からレシピのインスピレーションが沸く物がいいなあと思っています。
とか思っていると、全然買えません。
和食器は、持った時の手の感覚と合うかどうかも重要でしょ、とか思っているのでインターネットで衝動買いも出来ず。

そんな訳で、蓋付きの食器は暫く持っていませんでしたが、急に一目惚れして購入することに。

伊賀焼の窯元「長谷園(ながたにえん)」さんの「プチ鍋」です。

長谷園 プチ鍋

長谷園 プチ鍋

色は他に、茶・イエロー・黒がありました。

長谷園 プチ鍋

長谷園 プチ鍋

横から見るとよく分かりますが、ちっちゃい土鍋。ひとりサイズの土鍋って感じで可愛い。
このプチ鍋が本当にいい!と思って選んだ理由がこちら・・

長谷園 プチ鍋の説明

長谷園 プチ鍋の説明

なんと、電子レンジだけじゃなく、直火にもかけられます。勿論オーブンにもグリルにもトースターにもかけられます。

もともと椀物の器を探していましたが、これなら蒸し物も焼き物も器ごとできちゃうではないですか!しかもそのままテーブルに出せるし、可愛くて使い勝手が良くて器自体も軽くて・・言うことなしです♪

これなら、アヒージョとか茶碗蒸しが作れちゃうなーと思ったら・・

冊子

冊子


器を買ったら付いて来るレシピ集に堂々と載ってました・・。
なんだかこちらの意図を見透かされているようでちょっと恥ずかしい・・。


蓋が割れた、とか本体だけ割れた、という場合、別々で購入が出来ますのでそこも素敵ポイント

長谷園さんは、IH対応の土鍋も作っていたりして、日本のものづくりって素晴らしいとつくづく感動です。

伊賀焼の窯元 長谷園さんのWEBサイトはこちら

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

関連記事

no image

日本の器たち

先日のフードコーディネーター協会、プロ技セミナーに参加した際に、 雑誌『栄養と料理』の元編集長、三

記事を読む

no image

ハンドブレンダー 選び方 コードレス編

ハンドブレンダーの選び方、コードレス編です。 前回の離乳食編はこちらをご参考まで。 キッチン

記事を読む

ジェンガラケラミック

バリ島の目的地で優先順位の高かった『ジェンガラケラミック』 もともとはバリに外資系高級ホテルが参入

記事を読む

マイユの生マスタード

パリのお土産で、マイユの生マスタードを2種買って来ました。 ・黒トリュフ入り(24.9€・・約

記事を読む

相棒のキッチン道具

料理が嫌いな人にほど、勧めたいのは 包丁の切れ味にこだわる こと。 まず、切れ味が悪い

記事を読む

京都「有次」で買い物

京都「有次(ありつぐ)」さんと言えば、料理好きの方には割と知られている、京都老舗の有名な刃物屋さんで

記事を読む

バーミックスを購入

離乳食にハンドブレンダーを使っていますが、すりつぶしと裏ごしがスイッチ入れて20秒で完了するのはやっ

記事を読む

食器との出会い

ゴールデンウィーク、各地で陶器市が開催されてますね(羨望)。 2年前益子に行ったきりで、器との出会

記事を読む

美濃焼 ぎやまん陶

器を物色するのが好きです。 と言っても、探すのは日常使いの食器だし、高い物だと大胆に盛りつけと

記事を読む

フラワーレッスン

本日はテーブル装花のランクアップを狙いまして・・ フラワーレッスンに行って来ました。 お願い

記事を読む

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

フードコーディネーター協会 研修会

昨日、日本フードコーディネーター協会の研修・交流会がありました。

食とマーケティング

最近、正しい知識を配信すべく、割とマニアックなテーマを選んでおりました

2018年の七夕は?旧暦と太陽暦

「暦の上では」と天気予報で発表される季節は、大抵暑い日に秋を伝えるもの

北品川「カンテサンス」

グルメが好きな人であれば、ご存知かもしれません「カンテサンス」。 ミ

東京のお盆は本日から

日々に忙殺されて過ごしていると、季節のことをつい忘れがちですが・・

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑