*

リヨン「LE SUD」

公開日: : 最終更新日:2014/06/15 飲食店 , , ,

SPONSORED LINK

美食の街、リヨン。
リヨンの英雄のようなシェフ「ポール・ボキューズ」の本店はリヨンから少し離れたところにあります。

そして、行ってみたかった街にあるポール・ボキューズのブラッスリー
「LE SUD」(南)
に行って来ました。
ちなみにちょっと離れたところに「LE NORD」(北)もあります。
南が南フランス料理、北が北フランス料理店。南は「太陽の料理店」らしいです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
R7297801 2
この日はオープンの12時近くに入店したので入れましたが、13時過ぎると満席・・
日本とは違い、遅めのランチが一番忙しそうです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
まだガラガラだったのでテラスの噴水が見える席へ。

席に着くと、ホール担当の女性が笑顔で
「Bon appétit!」(たくさん召し上がれ)
とメニューをくれました。

ボナペティって響きが好き。

折角来たので、本日のムニュ(コース)3皿に。
本日のムニュは2種ずつしかなかったので、2人で全種頼んでみました。
頼んだ後にフランスでなかなか出逢わないフォカッチャに似たチーズとゴマのパンが。
R7297804 2
そしてフレッシュなオリーブのピクルス。これすごく食べやすくて美味しいです・・!普段はオリーブは2〜3個で充分ですが、これはいくらでも食べられる。
R7297806 2
オリーブがテーブルから下げられたらコースがスタート。
前菜その1はラタトゥイユ。半熟卵のせ。
R7297810 2
前菜のボリュームが凄い。パンとオリーブとこれでランチ成立しそうです。

私が頼んだ前菜は季節の野菜のサラダ。
アスパラやアボカド、花の様にカットされた赤カブ、トマト、レタスがシンプルなマスタードとオリーブオイルで和えられたサラダでした。
マスタードってこういう使い方も出来るんですね。発見。家でやってみます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そしてメイン。
肉料理を選ぶとポークソテーでした。付け合わせはペンネグラタン。
R7297813 2
私が頼んだのは魚料理。
メカジキのソテー、トマトソースです。オリーブオイル、トマトソース、ブラックオリーブというシンプルながら香りの強いソースがメカジキによく合います。
メカジキは特大サイズ。日本であまり見ない大きさでした。。2人分は余裕でありそう・・。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
白ワインの風味が利いていて、トマトソースを付けないとブラックオリーブと合わさって白ワインビネガーのような香りが楽しめます。
大きいメカジキですが味は繊細。
食事が終わったら、コースに付いているデザートを何にするか聞かれます。

最初にメニューが配られた時に選ぼうと思ったら、
「デザートは食事が終わったらまた聞きに来るので」ということだったので、そういうオーダーの仕方みたいです。食後の気分で選んで、ってことなのでしょうか・・?

この日の「本日のデザート」はチェリーとルバーブのタルト。
R7297817 2
ルバーブ結構好きなんです。甘さ控えめでした。
かなり巨大。男性の手のひらくらいの大きさです。

そして、こちらがフルーツサラダ。
R7297818 2
色とりどりのカットフルーツにミントが刻んで散らされていますが、このミントの香りが結構強いのでミントが割とフルーツに勝ってました。
これが正解だと思えば別に違和感もないかも・・ですが、日本人受けはしないかな・・。

食後、お店の方に「コーヒーはいかがですか?」と聞かれて「お願いします」と言ったら運ばれて来たエスプレッソ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
エスプレッソの器がオリジナルでNORDとSUDのロゴが。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ちなみに、日本のコースではコーヒー込だったりしますが、フランスでは別会計なのが普通みたいです。

オープンテラスで天気が良い時にはすごくおススメ。顔に直射日光が当たらない様に、太陽の動きに合わせてホールの方がテラスの屋根を動かして調節してくれます。

R7297822 2

予約なしで行く場合は、早めの時間が良さそうです。地元の人で賑わいます。

<想定シーン>
カジュアルなお店を探している時におすすめ ★★★★
コスパが良いお店を探している時におすすめ ¥¥¥
リヨンの雰囲気を楽しみたい時におすすめ ♡♡♡♡♡
1グループの最適な人数 2〜6人

<使用金額>
1人40€程度(昼)

<お店データ>
LE SUD
TEL:+33 472 77 80 00
住所Place Antonin Poncet 11, 69002 Lyon(Bellecour – Hotel Dieu)
ブラッスリーポール・ボキューズのサイト

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

パリ「Epicure」

世界の食通が集まるパリで「食通」という名前を名乗る、予約の取れないレストラン。実は数年前までレストラ

記事を読む

五反田「庭つ鶏」

五反田にある絶品の鶏が食べられるお店、「庭つ鶏」さん。ここは本当に良いお店!メニューは品切れて食べら

記事を読む

中目黒「N_1221」

中目黒の目黒川沿いにある野菜が売りのお店。N_1221(エヌ1221)さん。 住所が青葉台1−22

記事を読む

五反田「ぎたろう軍鶏 炭火焼鳥たかはし」

五反田の駅近に、穴場ランチのお店があります。 お店の名前は「ぎたろう軍鶏 炭火焼鳥たかはし」さん。

記事を読む

祐天寺「ジェラテリア アクオリーナ」

随分暑い日が続くようになりました。 アイスが恋しい季節。 祐天寺の「大人のジェラート屋さん」ジェ

記事を読む

中目黒「エムソラ」

中目黒には知らないと入れないお店がいくつかありますが、エムソラさんもそんなお店のひとつ・・だと思いま

記事を読む

二子玉川「ダリアロッソ」

二子玉川に少し雰囲気のある「柳小路」という道があって、角に和食屋さんのような暖簾が印象的なイタリアン

記事を読む

代官山「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ」

代官山というと、何となく「ル・コルドン・ブルー」とこの「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ」に洋菓子

記事を読む

中目黒「マザーエスタ」

野菜不足解消に、有機野菜がいただけるオーガニックレストラン、マザーエスタさんで野菜補給してまいりまし

記事を読む

バックパッカーズカフェ

お仕事の縁で知り合った、蔵前にあるバックパッカー向けのゲストハウスNui(ヌイ)さん。 http:

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

食器との出会い

ゴールデンウィーク、各地で陶器市が開催されてますね(羨望)。 2年前

読書レビュー 味覚と嗜好のサイエンス

新年、味覚の本をもう1冊。先日紹介した味覚の学校とは違い、こちらは徹底

読書レビュー 味覚の学校

新年、食育を考える上で「味覚」とどう向き合った内容を考えるかが現在課題

お雑煮の文化

2018年、あけましておめでとうございます。 我が家は毎年どこに

到来する人工知能の時代に食育の強さを考える

12/2、12/3とセミナーでした。 12/2(土)は日本フードコー

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑