*

秋のお月見椀 レシピ

公開日: : 最終更新日:2014/11/04 レシピ

SPONSORED LINK

懐石料理、「秋のお月見椀」の材料とレシピです。
残念ながら結構大変ですが、これが出来ればお吸い物は怖くない、と思います。
今回は秋の味覚「松茸」を使うという家庭料理ではあまり考えられないレシピとなっていますので、世の中にはこんなレシピもあるのか程度に読んでみて下さい。

松茸のお吸い物

松茸のお吸い物

※白玉を黄身で色付けするのと、緑色の葉物は月を少し隠す様な「月見」のコンセプトに基づいた配置にする

<材料>6人分
A
鶏ひき肉 60g
干し椎茸 1枚(水で戻してみじん切りにする)
ネギ 8cm程度(みじん切りにする)
酒・片栗粉・・各小さじ1ずつ
塩 ひとつまみ

白玉粉 120g
固ゆで卵の黄身 2つ分

B
出汁 600ml
酒 大さじ1
塩 小さじ1
淡口醬油 小さじ1

松茸 1本
ほうれん草の一番内側の部分、葉を3〜4枚残した束 6束

<作り方>
①ボウルにAを入れ粘りが出るまで手で混ぜ合わせる。6等分して団子状にしてバットに置いておく
②別のボウルに白玉粉を入れ、水1/4カップを少しずつ加えて耳たぶくらいの固さにこねて、茹で卵の黄身を加えてよく混ぜ、1時間寝かせる
③水と出汁を取った後の昆布を入れて煮立て、①を②で包んだ団子を入れる。
④団子が浮いて来たら更に1〜2分煮て、水にさらして表面の白玉が水にさらされたら、椀に盛り内側の鶏団子が余熱で温まるまで放置しておく
⑤Bを混ぜ合わせ、火にかける。沸騰して来たら薄切りにした松茸と茹でたほうれん草を入れて一煮立ちさせ、④に静かにかけて出来上がり。

※ポイント
・白玉粉と黄身を混ぜ合わせたものは、お湯に入れると綺麗な黄色に色づきます。
・鶏団子に火が通るように、団子は小さめに作ります。白玉粉で包むとそれでも大きくなります。団子は割れ目が出来ないように。
・松茸はキッチンペーパーなどで汚れを拭き取るだけにして香りを残します。
・お吸い物は味見をして塩味が足りないと感じるくらいが正解です。

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

しんじょうの作り方

丁寧な日本料理、しんじょうを作りました。イチョウと紅葉は人参とカボチャ。 しんじょう[/c

記事を読む

青梅ジャムで夏バテ防止

こんにちは。妊娠8ヶ月で6月とは思えない暑さと闘っています。 妊婦は暑さに弱いと聞いていましたが、

記事を読む

自家製人参ドレッシング

家でサラダを食べる時は、塩と胡椒とオリーブオイルとビネガー類でドレッシング代わりに食べることが多いで

記事を読む

鰯の梅煮

魚のリクエストが出たので、栄養価の高いイワシ。 骨ごと食べられる煮物にして美味しくいただきます。

記事を読む

筑前煮のレシピ

寒い季節に食べたくなる筑前煮。 定番料理ですが、美味しく作れると料理がワンランク上がった気分に。作

記事を読む

火鍋研究はじめました

毎年、外で食べた鍋を家で再現しながらオリジナル鍋を作る・・というのをやっているんですが、 折角なの

記事を読む

ヤムウンセンの作り方

用意するもの(3~4人分) 乾燥春雨 100g 挽肉 100g 海老 8尾程度、お好みで増

記事を読む

市販の乾麺で鶏蕎麦

鶏蕎麦と小鉢[/caption] 蕎麦が好きで、それ以上に出汁が好きです。 基本的に料理用

記事を読む

ひつまぶし レシピ

2016年7月30日(土)は土用の丑の日です。 もともと「う」のつく食べ物を食べるのが夏を乗り切る

記事を読む

カボチャの味噌汁

カレイの煮付けとカボチャの味噌汁[/caption] 我が家で一番人気のご飯は、カボチャの味

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

読書レビュー 味覚と嗜好のサイエンス

新年、味覚の本をもう1冊。先日紹介した味覚の学校とは違い、こちらは徹底

読書レビュー 味覚の学校

新年、食育を考える上で「味覚」とどう向き合った内容を考えるかが現在課題

お雑煮の文化

2018年、あけましておめでとうございます。 我が家は毎年どこに

到来する人工知能の時代に食育の強さを考える

12/2、12/3とセミナーでした。 12/2(土)は日本フードコー

no image
日本の器たち

先日のフードコーディネーター協会、プロ技セミナーに参加した際に、 雑

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑