*

秋のお月見椀 レシピ

公開日: : 最終更新日:2014/11/04 レシピ

SPONSORED LINK

懐石料理、「秋のお月見椀」の材料とレシピです。
残念ながら結構大変ですが、これが出来ればお吸い物は怖くない、と思います。
今回は秋の味覚「松茸」を使うという家庭料理ではあまり考えられないレシピとなっていますので、世の中にはこんなレシピもあるのか程度に読んでみて下さい。

松茸のお吸い物

松茸のお吸い物

※白玉を黄身で色付けするのと、緑色の葉物は月を少し隠す様な「月見」のコンセプトに基づいた配置にする

<材料>6人分
A
鶏ひき肉 60g
干し椎茸 1枚(水で戻してみじん切りにする)
ネギ 8cm程度(みじん切りにする)
酒・片栗粉・・各小さじ1ずつ
塩 ひとつまみ

白玉粉 120g
固ゆで卵の黄身 2つ分

B
出汁 600ml
酒 大さじ1
塩 小さじ1
淡口醬油 小さじ1

松茸 1本
ほうれん草の一番内側の部分、葉を3〜4枚残した束 6束

<作り方>
①ボウルにAを入れ粘りが出るまで手で混ぜ合わせる。6等分して団子状にしてバットに置いておく
②別のボウルに白玉粉を入れ、水1/4カップを少しずつ加えて耳たぶくらいの固さにこねて、茹で卵の黄身を加えてよく混ぜ、1時間寝かせる
③水と出汁を取った後の昆布を入れて煮立て、①を②で包んだ団子を入れる。
④団子が浮いて来たら更に1〜2分煮て、水にさらして表面の白玉が水にさらされたら、椀に盛り内側の鶏団子が余熱で温まるまで放置しておく
⑤Bを混ぜ合わせ、火にかける。沸騰して来たら薄切りにした松茸と茹でたほうれん草を入れて一煮立ちさせ、④に静かにかけて出来上がり。

※ポイント
・白玉粉と黄身を混ぜ合わせたものは、お湯に入れると綺麗な黄色に色づきます。
・鶏団子に火が通るように、団子は小さめに作ります。白玉粉で包むとそれでも大きくなります。団子は割れ目が出来ないように。
・松茸はキッチンペーパーなどで汚れを拭き取るだけにして香りを残します。
・お吸い物は味見をして塩味が足りないと感じるくらいが正解です。

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

関連記事

秋の日本料理

本日は思いっきり料理デー。築地から仕入れられた鯖を使って、しめ鯖やりました。 料理の紹介をする

記事を読む

市販の乾麺で鶏蕎麦

鶏蕎麦と小鉢[/caption] 蕎麦が好きで、それ以上に出汁が好きです。 基本的に料理用

記事を読む

お魚料理 基本のき

日本料亭仕込み! 日本のお魚料理、基本のきです。 魚料理が苦手、絶対にやらない、という話をさ

記事を読む

青梅ジャムで夏バテ防止

こんにちは。妊娠8ヶ月で6月とは思えない暑さと闘っています。 妊婦は暑さに弱いと聞いていましたが、

記事を読む

カボチャの味噌汁

カレイの煮付けとカボチャの味噌汁[/caption] 我が家で一番人気のご飯は、カボチャの味

記事を読む

しんじょうの作り方

丁寧な日本料理、しんじょうを作りました。イチョウと紅葉は人参とカボチャ。 しんじょう[/c

記事を読む

鰤しゃぶ

年末なので、おせち料理にもなるハレの日ご飯と、鰤しゃぶを作りました。 なますは別途レシピ上げようか

記事を読む

筑前煮のレシピ

寒い季節に食べたくなる筑前煮。 定番料理ですが、美味しく作れると料理がワンランク上がった気分に。作

記事を読む

秋の味覚とごま塩のレシピ

今年は秋刀魚(サンマ)が高い、というニュースが流れてました。 そんなある日、たまたま近所で安くてお

記事を読む

簡単 ハーブの使い方

ハーブやスパイスを使うと、料理の幅が簡単に広がります。 塩分を控えなければならない方は、ハーブを使

記事を読む

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

月兎印 バット

家のキッチングッズ、最近あまり新調していなかったんですが・・

フードコーディネーター協会 研修会

昨日、日本フードコーディネーター協会の研修・交流会がありました。

食とマーケティング

最近、正しい知識を配信すべく、割とマニアックなテーマを選んでおりました

2018年の七夕は?旧暦と太陽暦

「暦の上では」と天気予報で発表される季節は、大抵暑い日に秋を伝えるもの

北品川「カンテサンス」

グルメが好きな人であれば、ご存知かもしれません「カンテサンス」。 ミ

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑