*

中目黒「青家」

公開日: : 最終更新日:2014/11/05 恵比寿・代官山・中目黒, 飲食店 ,

SPONSORED LINK

青家といえば、青山有紀さんのお店。メディア露出も多いので有名ですが・・夜は紹介制、昼間は誰でもランチがいただけます。
お昼ご飯にお邪魔しました。カウンターで目の前に青山さんが居ました。オーナーとしてキッチンで調理やってるんですね。

京おばんざい定食、スープ付き1,400円

青家 京おばんざい薬膳定食

青家 京おばんざい薬膳定食

左上から、カボチャ、菊菜とくるみ、長芋の梅和え、左下に行って豆腐、だし巻き玉子、ひじきのたいたん
スープは鶏団子でした。生姜が利いた割とハッキリした味です。
京おばんざい版デリランチって感じでしょうか。おかずをちょっとずつ食べたい女性向き。

こちらは薬膳カレー、1,000円。
薬膳カレーと言うと、割とスパイスが利いたイメージがありますが、この日のカレーはひき肉のカレーだったのですが小さく刻んだ野菜が甘いので、甘口で優しい味、あまりスパイスが利いている感じのカレーではなかったです。

青家 薬膳カレー

青家 薬膳カレー

和風のカレーにイメージとしては近い様な。ガツンとしたパンチがあるカレーではなく、とても優しい味です。

店内は女性客ばかりでした。店員さんも女性なので全体的に女性率の高い空間。さすが青山さん、センスが良く上品な和の空間でした。
元資生堂さんのセンスって流石ですわ・・。私の周りのセンスの良い人たち、結構資生堂さん周りのお仕事をしていたっけ・・。
ご飯にも人となりにも、美意識って重要だなあと、しみじみです。

青家 外観

青家 外観

目黒川から一本入ったところです。入口はこんな感じ。

青家 入口

青家 入口

おしゃれ物が好きな女子を連れて行くと喜ばれそうなお店でした。

<想定シーン>
女子的ランチを楽しみたい時におススメ ★★★★
コスパが良いお店を探している時におススメ ¥¥
ゆっくり過ごしたい時におススメ ♡♡♡♡
1グループの最適な人数 1〜4人

<使用金額>
1人1,000円〜程度(昼)

<お店データ>
青家
住所:東京都目黒区青葉台1-15-10
TEL:03-3464-1615
青家のWEBサイトはこちら

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

関連記事

シャポン 自由が丘店

東京でチョコレートを買おうと思ったら銀座・丸ノ内界隈というイメージがあるんですが、シャポンの日本上陸

記事を読む

西小山「GLOBE COFFEE」

現在カフェインを控えている生活を送っていますが、もともとコーヒーが大好きなので、 ノンカフェインコ

記事を読む

恵比寿「初代」

日比谷線の恵比寿駅近く、駒沢通り沿いに「白い」壁の目立つお店があり、「白いカレーうどん」という看板

記事を読む

ジャックジュナンのサロン・ド・テ

ジャック・ジュナン氏はパリで天才と言われるショコラティエのひとり。メゾン・ドュ・ショコラ出身の方らし

記事を読む

中目黒「ベーグルスタンダード」

中目黒駅からは離れた場所にある人気ベーグル屋さんの「ベーグルスタンダード」さん。 色々なメディアで

記事を読む

自由が丘「蔭山樓」

野菜とコラーゲンが取れる自由が丘のヘルシーでフレンチスタイルの中華を提供されている、蔭山樓(かげやま

記事を読む

中目黒「drole」

中目黒といえば、川沿いのカフェなイメージが多いエリアですね。 ということで、たまにはカフェのご紹介

記事を読む

中目黒「キルヌタントゥ」平日ランチ

中目黒でガレットが食べられる『キルヌタントゥ』さんで平日ランチしました。 蕎麦粉のガレットって定期

記事を読む

中目黒「鳥よし」

鳥よし、という名前の焼鳥屋さんは沢山ありますが、中目黒の「鳥よし」の系列店は西麻布と銀座だけです。

記事を読む

西洋料理 杉山亭

オムライスが人気の、西小山駅にある洋食屋さん「西洋料理杉山亭」。 杉山亭風オムライス[/ca

記事を読む

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

料理について

ad

メタ情報

最近の投稿

食とマーケティング

最近、正しい知識を配信すべく、割とマニアックなテーマを選んでおりました

2018年の七夕は?旧暦と太陽暦

「暦の上では」と天気予報で発表される季節は、大抵暑い日に秋を伝えるもの

北品川「カンテサンス」

グルメが好きな人であれば、ご存知かもしれません「カンテサンス」。 ミ

東京のお盆は本日から

日々に忙殺されて過ごしていると、季節のことをつい忘れがちですが・・

高松市瓦町「あなごの直吾美」

今年、夏から秋まで夫婦で仕事が忙しくなりそうだということで、 早めの

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑