*

秋の味覚とごま塩のレシピ

公開日: : 最終更新日:2014/10/20 レシピ, 本日の食卓

SPONSORED LINK

今年は秋刀魚(サンマ)が高い、というニュースが流れてました。
そんなある日、たまたま近所で安くておいしそうなサンマを発見。しかも我が家には、頂き物のかぼすがあったことを思い出し、秋の味覚晩ご飯はサンマをメインに原材料がとてもお手頃な1食が完成です。

我が家は内臓は不評なのでハラワタを取ってから焼いてます。

秋の味覚

秋の味覚

作ったのは、根菜と鶏肉の煮物、蓮根餅、サンマの塩焼き、蕪の味噌汁、炒りたてのごま塩

です。
2人分で合計300円位で出来た。

旦那の体調から、先日の薬膳の勉強で肝と腎が弱っているのかもと思い、黒ごま、蓮根を取り入れてみました。
後は、季節のものを意識しています。

おススメは実はごま塩だったりする。
一手間掛けるだけで絶品のごま塩が出来ますので、是非お宅でもやってみて下さいね。

絶品炒りたてごま塩の作り方
<材料>
黒ごま・・大さじ2
水・・50cc
塩・・小さじ1程度

<作り方>
テフロン加工などのフライパンに黒ごま、水、塩を入れてかき混ぜながら火にかける。
鍋肌に塩がこびりついて来るので、こげない様に気をつけながらごまを炒る。
水気が殆ど無くなったら火を止めて出来上がり。

フライパンが塩で真っ白になるのでちょっとビックリするかもしれませんが、テフロン加工などのフライパンを使えば、すぐに落ちます。
香ばしくて黒ごまを塩がコーティングしているので、塩とごまが分離することもなく、ごま自体に味がついているので、ごまの旨味が塩の効果で絶品になります。
ご飯にかけるとご飯がすすむふりかけの代わりにもなりますし、身体にすごく良いのでおススメ。

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

七福なます

お正月料理、日本料理のハレの日ご飯「七福なます」のレシピです。 なますは、その料理の酸味から「生酢

記事を読む

筑前煮のレシピ

寒い季節に食べたくなる筑前煮。 定番料理ですが、美味しく作れると料理がワンランク上がった気分に。作

記事を読む

秋の日本料理

本日は思いっきり料理デー。築地から仕入れられた鯖を使って、しめ鯖やりました。 料理の紹介をする

記事を読む

STAUBでグリル料理

本日はお友達が家に遊びに来てくれましたので、メインにSTAUB(ストウブ)を使ったスチーム&グリルの

記事を読む

パリでの自炊

パリの自炊、楽しんでいます。 単に焼いただけのソーセージでも、 4種類のマスタードで楽し

記事を読む

良いレシピの書き方とは

本日、フードコーディネーター協会のプロ技講座に行ってまいりました。 「レシピ作成講座」 というこ

記事を読む

ひつまぶし レシピ

2016年7月30日(土)は土用の丑の日です。 もともと「う」のつく食べ物を食べるのが夏を乗り切る

記事を読む

秋の味覚

先日、京都の麩嘉さんで買った花麩を入れて、秋の味覚を食卓に。 きのこうどんに紅葉の彩りが加わりまし

記事を読む

水切りヨーグルトの活用レシピ

水切りヨーグルトを研究中です。 先週、子供が胃腸風邪と私が急性胃腸炎をやったので・・胃に優しい

記事を読む

鰤しゃぶ

年末なので、おせち料理にもなるハレの日ご飯と、鰤しゃぶを作りました。 なますは別途レシピ上げようか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

食器との出会い

ゴールデンウィーク、各地で陶器市が開催されてますね(羨望)。 2年前

読書レビュー 味覚と嗜好のサイエンス

新年、味覚の本をもう1冊。先日紹介した味覚の学校とは違い、こちらは徹底

読書レビュー 味覚の学校

新年、食育を考える上で「味覚」とどう向き合った内容を考えるかが現在課題

お雑煮の文化

2018年、あけましておめでとうございます。 我が家は毎年どこに

到来する人工知能の時代に食育の強さを考える

12/2、12/3とセミナーでした。 12/2(土)は日本フードコー

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑