*

中目黒「焼鶏あきら」

SPONSORED LINK

中目黒の目黒川沿いでも、このエリアは特に人気店が並んでいる通りだと思います。春の時期は桜と目黒川で雰囲気抜群。
突き当たりにある「焼鶏あきら」さんは、直前に予約の電話をするといつもいっぱいで入れません・・。
窓側の席は京都の鴨川を思い出す雰囲気もあって、桜が咲いていなくてもかなり雰囲気よしです。

焼鳥あきら 外観

焼鶏あきら 外観

この日は、お店に入った時間が22時過ぎだったので、窓側のすごく良い席でしたー。

焼鳥あきら 窓側

焼鶏あきら 窓側

靴を脱いで上がる一軒家の感じでくつろげました。

焼鳥あきら お通し

焼鶏あきら お通し

お通しは大根と生姜の浅漬け。ボリュームありました。

あきらの白菜サラダ

あきらの白菜サラダ

あきらの白菜サラダはドレッシングがクリーミーで意外性有り。
このお店の焼鳥は七輪で各席で焼くスタイルで鶏肉をいただけます。

焼鳥あきら 七輪焼

焼鶏あきら 七輪焼

つくねが個人的にはとってもお気に入りです。紫蘇が好きな方にはおススメ。温泉卵のタレも美味しい♪

焼鶏あきら タレ類

焼鶏あきら タレ類


お好みの味付けも可能です。

焼鳥あきら つくね

焼鶏あきら つくね

そして、このお店の名物だと思う「地鶏すき焼き」。佐賀県産の「ヴェルサイユの卵」をつけていただきながら、最後は〆に親子丼がいただけるというメニューです。

焼鳥あきら すき焼き

焼鶏あきら すき焼き

IMG_4849

卵無しでタレの味を味見。色が濃いタレですが甘めであまり塩分は強くないかなとー。

焼鳥あきら すき焼き

焼鶏あきら すき焼き

すき焼きの具には、軟骨、砂肝、つくねなどの鶏肉と野菜、添えで生の鶏肉が付いて来るのですが、それはしゃぶしゃぶ用としてお好みの火の入れ方でいただけるスタイル。

焼鳥あきら 親子丼

焼鶏あきら 親子丼

〆の親子丼は鶏のスープと漬け物が付いて来ます。

焼鳥あきら 滋養健康鶏スープ

焼鶏あきら 滋養健康鶏スープ

スープがかなりお好みでした。
個人的には、各席ごとに七輪で焼くので、お肉ごとに焼き方のおススメを聞けたらもっと嬉しかったかなーと思います。その日だけのメニューとかも出していただいたんですが、背肝がすごく縮んだのでこれの食べ時がどこだったのか気になる。
多分、半生で食べた方が美味しい肉もあったような気がするので、そこが知りたかったかなー。

と書きつつも、自信持っておススメ出来るお店です。

<想定シーン>
ここにしかないメニューを楽しみたい時におススメ ★★★★
コスパが良いお店を探している時におススメ ¥¥¥
カジュアルなデートや女子会におススメ ♡♡♡♡
1グループの最適な人数 2〜4人

<使用金額>
1人5,000円程度

<お店データ>
焼鶏あきら
住所:東京都目黒区中目黒1-10-23 リバーサイドテラス106
TEL:050-5868-1389
焼鶏あきらの食べログページはこちら

焼鶏 あきら

夜総合点★★★☆☆ 3.6

関連ランキング:鳥料理 | 中目黒駅代官山駅恵比寿駅

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

中目黒「スゥリル」

中目黒からも代官山からも同じくらいの距離にある目黒川から一本入った裏目黒のフランス料理店「スゥリル」

記事を読む

祇園「THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO」

法事で京都に行ってきましたが、ディナーはTHE SODOH(ソウドウ)さんで。 納涼床が始まってい

記事を読む

BbyB.のチョコレート

夫からの結婚記念日はBbyB.のチョコレートでした。 BbyB チョコレート 包装[/capti

記事を読む

渋谷「バカリ・ダ・ポルタポルテーゼ」

渋谷でランチ、ということになったら、オススメのお店「バカリ・ダ・ポルタポルテーゼ」さん。 経営

記事を読む

オトナのフランス菓子「オーボンヴュータン」

フードコーディネーター1級のお祝いに、夫がオーボンヴュータンに付き合ってくれました。 オーボンヴ

記事を読む

代官山「メゾン ポール・ボキューズ」

代官山のメゾン ポール・ボキューズでディナー。素晴らしい時間を過ごしました。 ポール・

記事を読む

広州市場 五反田店

五反田の広州市場に雲呑麺(ワンタンめん)を食べに行って来ました。 広州と言えば、中国料理の中で『食

記事を読む

ポタジエ

催事や通販などもやっていてメディア露出も多いポタジエさん。 野菜を甘いものに・・という所に興味を持

記事を読む

表参道「たまな食堂」

表参道エリアはオーガニック野菜が食べられるお店がたくさんありますが・・ その中でも、毎回来るたびに

記事を読む

武蔵小山「ラ トリプレッタ」

武蔵小山はピザ激選区らしいです。 その中でも、行列ができるピッツェリアの「ラ トリプレッタ」さん。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

食器との出会い

ゴールデンウィーク、各地で陶器市が開催されてますね(羨望)。 2年前

読書レビュー 味覚と嗜好のサイエンス

新年、味覚の本をもう1冊。先日紹介した味覚の学校とは違い、こちらは徹底

読書レビュー 味覚の学校

新年、食育を考える上で「味覚」とどう向き合った内容を考えるかが現在課題

お雑煮の文化

2018年、あけましておめでとうございます。 我が家は毎年どこに

到来する人工知能の時代に食育の強さを考える

12/2、12/3とセミナーでした。 12/2(土)は日本フードコー

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑