*

バックパッカーズカフェ

公開日: : 最終更新日:2014/10/13 マーケティング, 飲食店 , , , ,

SPONSORED LINK

お仕事の縁で知り合った、蔵前にあるバックパッカー向けのゲストハウスNui(ヌイ)さん。
http://backpackersjapan.co.jp/nui/
蔵前というエリアは、今や外国人が溢れるゲストハウスのエリアと化しているのをご存知の方もいるかもしれませんが、実際に訪れてみて本当に個人旅行の外国人観光客に溢れていてびっくり。

その中でもひときわ特徴のあるデザイン、そしてゲストハウスの一階でバーとカフェを営業しているのがNuiです。
蔵前って今まであまり縁が無かったのですが、大江戸線が開通したことで海外の訪日客はとても使いやすいエリアになっていたことが判明しました。

Nui 内装

Nui 内装

内装で何となくお分かりかと思いますが、デザイン性が割と尖っているのでただ安いからゲストハウス、という方だけではない人が集まりそうです。
本当に世界中から色んな人が来ていて、アジアから欧米?系まで様々。

Nui 内装

Nui 内装

蔵前からどこに行くかを聞いたら、歌舞伎座(大江戸線一本、東銀座)、とか、浅草(都営浅草線でとなり)、とか渋谷(大江戸線で東新宿、副都心線乗り換え)とか、
なんか日本人が思いつかない「蔵前」のアクセスの良さにビックリ。

Nui カフェ

Nui カフェ

昼間はカフェ営業で軽食と飲み物だけですが、18時になるとバーラウンジになるので周辺のゲストハウスからも人がやってきて外国人で溢れるそうです。
一度潜入してみようかと思いますが・・。

Nuiさんに居て、
「ああ、私ってキッチンをこういう場にしたくて料理やってるんだなー」
ってつくづく思ったんですよね。

料理がしたくてご飯を研究している訳でも、美味しい物をただただ食べたくて生きている訳でもなくて、
やっぱり食をひとつのきっかけにして、特別な場所や時間を誰かと体験する時間、特別な時間を提供したい。

イベントのお仕事に関わるからこそ、思うのかもしれませんが。

人は食べなければ生きて行けないけど、毎日向き合うのであれば、
私はその場を特別な物にする手伝いをしたいんだなって頭がクリアになりました。

よしこキッチンプロジェクトも毎日が色々な縁に恵まれております。

世界は狭いって思う瞬間、
やっぱり好きなところには好きな人がいて、
好きなことをやろうと思った時に、好きな人が助けてくれたり賛同してくたりする。
人の縁で色んなことに気付かされます。

縁を繋いだり、強くしたりする場をキッチンから作りたいんだなって気付いたNuiでの時間でした。

<お店データ>
HOSTEL&BAR LOUNGE Nui.
住所:東京都台東区蔵前2-14-13
TEL:03-6240-9854
ホームページはこちら

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

パリ「Epicure」3

エピキュールの記事、最終話です。 Epicure記事 第1弾 Epicure記事 第2弾 これ

記事を読む

祐天寺『ラ・ロゼッタ』

(現在、こちらのお店は移転のため閉店しています) 町のイタリアン、な雰囲気のラ・ロゼッタさんのパス

記事を読む

ニース「ラ・メランダ」

ニースの旧市街に、名門ホテル「ネグレスコ」のメインダイニング「シャンテクレール」で元料理長をしていた

記事を読む

エズ「シャトーエザ」

フランス滞在中に行った中で、「ミシュラン星付きレストランでお茶だけする」という強行をして来たのがこち

記事を読む

自由が丘「モンサンクレール」

自由が丘といえば、スイーツの町らしいのですが。 その自由が丘でも人気で有名なお店といえば・・ここで

記事を読む

カフェ文化発祥の地「カフェ・ド・フロール」

パリといえば、カフェ。 カフェ文化発祥といえば、 サンジェルマン・デ・プレのカフェ・ド・フロ

記事を読む

メゾン・プルミエール・アット・ロビンズ

恵比寿・中目黒・代官山の間位にある一軒家レストラン「ロビンズクラブ」が閉店し、 同じ場所に新しく「

記事を読む

中目黒「クオーレ アズーロ」

有名店なので、私が紹介する今更感はありますが・・ フラッと覗いて席が空いていたら入る・・というご近

記事を読む

リヨン「LE SUD」

美食の街、リヨン。 リヨンの英雄のようなシェフ「ポール・ボキューズ」の本店はリヨンから少し離れたと

記事を読む

原宿「オリエンタルレシピカフェ」

原宿の竹下口を出ますが、静かなエリアにある薬膳料理がいただけるお店。 オリエンタルレシピカフェさん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

食器との出会い

ゴールデンウィーク、各地で陶器市が開催されてますね(羨望)。 2年前

読書レビュー 味覚と嗜好のサイエンス

新年、味覚の本をもう1冊。先日紹介した味覚の学校とは違い、こちらは徹底

読書レビュー 味覚の学校

新年、食育を考える上で「味覚」とどう向き合った内容を考えるかが現在課題

お雑煮の文化

2018年、あけましておめでとうございます。 我が家は毎年どこに

到来する人工知能の時代に食育の強さを考える

12/2、12/3とセミナーでした。 12/2(土)は日本フードコー

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑