*

相棒のキッチン道具

SPONSORED LINK

料理が嫌いな人にほど、勧めたいのは

包丁の切れ味にこだわる

こと。
まず、切れ味が悪い相棒と付き合っているとろくなことになりません。
刃物は良く切れるものほど怪我をしにくいと言うけど、これは真実。

そして、私が料理をする上で一番苦手なことが、
材料を切る、
って行程です。
こんなに料理歴が長いのに、手先が不器用すぎて泣けるんですが。
理論が分かっていても先天性不器用な私は、道具で補うしかありません。

でも、道具で補っているので料理のスピードは結構早いのです。
そして、苦手でもちゃんとしたものを作ります。

単純ですが、料理って効率が良ければ良い程クオリティは上がるので、
時間をかけずに料理が出来るようになるのが一番かなと思うんですが、
そんな時に心強い相棒が居ると、手先の不器用さはなんとでもなる。

私が証明してます。
包丁は切れる物を使う。
これだけで大分色々なことが解決します。

さて、時々笑われるんですが、私の相棒の出刃包丁は名入りのものを使ってます。

名入れ包丁

名入れ包丁

名前が旧姓なのは、独身時代に作ってるからですね。

どこで作ったかと言うと、日本で私がとっても好きな場所、かっぱ橋道具街にある『釜浅商店』さんです。ここで買うと無料で名前を入れてくれます。

出刃包丁は日本独自の包丁で、いわゆる家庭用に使われる一般的な三徳包丁のような両刃の包丁ではなく、
片面にしか歯が付いていない「片刃」の包丁です。
魚や肉などを切る時に使うんですが、食材をなぞるだけで切れます。本当です。

私のこだわりとして、鶏肉は少しでも美味しく食べたいので
下処理で肉自体の脂肪を切り取ったり繊維を切り裂いたりと細かく処理をするんですが、
普通の包丁を使うと皮や脂肪を切るのに刃物が滑ってしまい時間が掛かり、イライラしちゃいます。

釜浅商店さんで手の大きさに合わせた大きさのものを作ったので、普通の一般的なサイズよりも小さいんですが・・
オーダーメイドっぽくて良いですよ。小さいけどすっごい重いです・・

また、切れ味が悪くなったらお店に持って行けば研いでもらえます。前行った時は100円ちょっとで研いでもらえた気がしましたが・・。
本体も7000円で買ってます。っていうと、色んな人から「安いね」って言われます。
ただし、私の場合は手の大きさが小さいので包丁自体も小さくて安かったんですけど、手が大きいと包丁も大きくなるので大きさに合わせて値段は変わります、ご注意を。

そして、私の三徳包丁として相棒をやってくれているのがこちら

龍泉刃物 丹巌龍

龍泉刃物 丹巌龍

こちらも、日本が誇る世界的に認められた龍泉刃物さんの三徳包丁です。
ひとつひとつ手作りなんですよー。
これも本体自体はすごく重いんですが、手に馴染む様に重さが分散して、
包丁なのに手との一体感がある正に相棒っていう一本です。

商品の魅力が伝わる様に、公式ページから画像を拝借・・

丹巌龍 アップ

丹巌龍 アップ


刃物の模様も美しいですね。

ちなみに、龍泉刃物さんの一番の売れ筋はステーキナイフで、1年先の生産分まで予約受付が終わっている大人気商品です。
なでるだけで切れにくい肉がすっと切れるのに、ステーキナイフを舌で舐めても舌は絶対に切れない、という絶妙な刃が世界で大人気。
日本が誇るジャパンメイドです。

包丁は日本製、そして研ぐことを前提に使いますが、気に入ったデザインを選ぶのでも、手に入りやすいものを選ぶのでも構わないと思います。
ただ、定期的に研ぐと全然違うので、ご近所で研げるところを探しておくと良いかも。
シャープナーで毎回研いでから使ったりもしてますが、やっぱりプロの研ぎは全然違いますので。

龍泉刃物さんは送ると研いでくれるというサービス付きです※有料
釜浅商店さんも店頭で研いでくれるし名前も入れてくれます。

是非、相棒と一緒に料理の時間を短縮してみて下さい。

釜浅商店のホームページはこちら
龍泉刃物のホームページはこちら

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

離乳食 ハンドブレンダー 選び方

離乳食を始めるので、ハンドブレンダーを購入します。 ところが、このハンドブレンダーが非常に選びづら

記事を読む

フラワーレッスン

本日はテーブル装花のランクアップを狙いまして・・ フラワーレッスンに行って来ました。 お願い

記事を読む

京都「有次」で買い物

京都「有次(ありつぐ)」さんと言えば、料理好きの方には割と知られている、京都老舗の有名な刃物屋さんで

記事を読む

美濃焼 ぎやまん陶

器を物色するのが好きです。 と言っても、探すのは日常使いの食器だし、高い物だと大胆に盛りつけと

記事を読む

マイユの生マスタード

パリのお土産で、マイユの生マスタードを2種買って来ました。 ・黒トリュフ入り(24.9€・・約

記事を読む

長谷園のプチ鍋

蓋付きのお椀が欲しくて色々探していたんですが、 いざ買おうと思ったらありきたりのものじゃつまら

記事を読む

食器との出会い

ゴールデンウィーク、各地で陶器市が開催されてますね(羨望)。 2年前益子に行ったきりで、器との出会

記事を読む

オリジナルTシャツ

よしこキッチンT[/caption] イベント用にスタッフTシャツを制作。 1日カフェの時

記事を読む

ジェンガラケラミック

バリ島の目的地で優先順位の高かった『ジェンガラケラミック』 もともとはバリに外資系高級ホテルが参入

記事を読む

バーミックスを購入

離乳食にハンドブレンダーを使っていますが、すりつぶしと裏ごしがスイッチ入れて20秒で完了するのはやっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

食器との出会い

ゴールデンウィーク、各地で陶器市が開催されてますね(羨望)。 2年前

読書レビュー 味覚と嗜好のサイエンス

新年、味覚の本をもう1冊。先日紹介した味覚の学校とは違い、こちらは徹底

読書レビュー 味覚の学校

新年、食育を考える上で「味覚」とどう向き合った内容を考えるかが現在課題

お雑煮の文化

2018年、あけましておめでとうございます。 我が家は毎年どこに

到来する人工知能の時代に食育の強さを考える

12/2、12/3とセミナーでした。 12/2(土)は日本フードコー

→もっと見る

Translate »
PAGE TOP ↑